2010年2月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
           
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2010年 2月

2010/2/16

ペットの通信簿2009 =猫編=
【アンケート実施期間】2009/12/2(水)〜1/11(月)
有効回答者数:387名(女性278名/男性109名)


「ペット総研」では、「ペットの通信簿2009」と題し、2009年における“ペットとの生活全般”を振り返る総括アンケートを当サイト上で実施いたしました。今回は、犬オーナー対象のアンケート調査結果に引き続き、猫オーナー対象としたアンケート調査結果、「ペットの通信簿2009 =猫編=」を公開いたします。

→「ペットの通信簿2009 =犬編=」はこちら!

★アンケート対象の愛猫の猫種
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。



★アンケート対象の愛猫の年齢





★アンケート対象の愛猫の性別
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。



★アンケート対象の愛猫の飼育環境
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。



------------------------------------------------------------------------------------




◆2009年において、愛猫の健康管理に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


狂犬病予防接種が法律で義務づけられている犬に比べ、猫は定期的に病院に通う習慣が定着しにくい状況にあると思われますが、それでも「ワクチン接種」「健康診断」をきちんと行っているオーナーがほぼ6割に達しました。ペットの健康志向の流れや、愛猫の高齢化などが背景にあるものと推測されます。





◆2009年において、愛猫の食事管理に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


水に関する項目以外は、「いいえ」がやや優勢な結果となりました。猫は食事の選り好みが激しいため、健康面を考慮したフード選びをするというよりも、「とにかく食べてくれるもの」という観点で、食事を与えるケースが多いのかもしれません。





◆2009年において、愛猫のデイリーケアに対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


抜け毛対策や爪とぎ防止につながるブラッシングや爪切りは6割以上が実行していましたが、それ以外の項目は、お手入れの一環としてあまり定着していないようです。猫自身もグルーミングを行ううえに、外出をする機会が少ないせいか、犬に比べ、デイリーケアの実行率は全体的に低めです。





◆2009年において、愛猫の飼育環境に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


この項目に関しては、犬の場合と同様、もっとも高い実行率となりました。抜け毛や強烈な排泄物のニオイを予防するために、こまめに掃除をするなどの対策を行っているオーナーが多いものと思われます。





◆2009年において、愛猫の運動量に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


9割近くと、非常に多くのオーナーが上下運動ができるよう配慮していることがわかりました。完全室内飼育の猫の場合、どうしても運動不足になりやすいだけに、そのことを踏まえてきちんと環境を整え、愛猫が体を動かせる状況をうまく作っているオーナーが多いようです。





ペット関連とひとくちにいっても、犬を主体としたサービスや施設がまだまだ多いだけに、愛猫家の間には、そういったサービスが普及していないのが現状のようです。とはいえ、「愛猫を散歩に連れていく」と答えた人が3割近くと意外に多かったことから、今後は猫同伴可の施設や猫をターゲットとしたサービスへのニーズが増えるかもしれません。

------------------------------------------------------------------------------------


◆2009年において、愛猫との生活の充実度に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


◆2009年を振り返って、愛猫との生活で1番印象深かったエピソードを教えてください。

▼愛猫との生活の充実度を「5」と回答した猫オーナーの意見抜粋
・夜中、元気に走り回っていて、寝ている自分の上を猛ダッシュで通り抜けていき、翌日自分の肋骨が折れていたこと。それ以来怖くて、仰向けで寝られずに、絶えず横向きかうつぶせで寝ています。
・今年になってから、なぜか腕枕を要求するようになりました。今まで人間にくっついて寝るということをしない猫だったので、少し驚いています。でもうれしいです。
・いろいろ撮った愛猫の写真が、あるホームページに採用されたり、懸賞に応募してキャットフードがいっぱいもらえたりと結構得した1年でした。
・2009年2度目のがんが再発し手術する予定が、慢性腎不全で手術を遅らせたため、指1本切除の大手術を乗り越え、今は寛容。老猫なのによく耐えたと思います。ずっと一緒にいて欲しいです。
・オモチャの「とってこい」を覚えた事です。本当に我が家のネコは賢いなとメロメロです。

▼愛猫との生活の充実度を「4」と回答した猫オーナーの意見抜粋
・21歳の猫が夏に亡くなりました。今22歳になる猫と16歳15歳6歳の猫がいます。捨て猫で兄弟でもない2匹の猫が20歳以上生きていたのが自慢です。
・ダメ飼い主のところに来て9年。病気、けがをするわけでもなく、淡々と癒しつづけてくれています。大きな出来事はなかったけれど、傍にいてくれる大きさをじわっと味わっています。
・この冬に、初めて同じ布団で寝てくれるようになりました。本当にとっても感激しました。
・出張から帰ってくると忘れられていた・・・

▼愛猫との生活の充実度を「3」と回答した猫オーナーの意見抜粋
・気が付いたらかなり痩せて、いつの間にかお爺ちゃん猫になっていたのがショックだった。
・激しく嘔吐する症状が出てしまい、慌てて病院に駆け込んだ時が一番印象深く残っています。
・2009年の大晦日に長男猫が14歳で亡くなりました。猫の飼い方を知らずに、小さい頃に塩分の入ったものを沢山あげたために内臓が弱ったのではないかと悔やまれるばかりです。TVコマーシャルで「13歳からの食事」というフレーズを聞くたびにまだまだこれからだったはずなのに・・・と涙が出ます。

▼愛猫との生活の充実度を「2」と回答した猫オーナーの意見抜粋
・新しい猫をもう一匹飼ったことにより、以前から飼っていた猫に対して申し訳なくなった。
・爪とぎをどこででもやるので年中怒ってた
・我が家に息子が誕生し、泣いたり動いたりするたびに不思議そうに眺め、そのうち迷惑そうにして別の部屋に避難していきます。ゴメンネ。

▼愛猫との生活の充実度を「1」と回答した猫オーナーの意見抜粋
・数日帰ってこないことが多々。いずれいなくなってしまうのでは・・・


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


先週発表した「ペットの通信簿2009 =犬編=」の結果と同様に、
猫オーナーを対象に行った調査でも、適性飼養に対する意識が
徐々に高まりつつあることが感じられる結果となりました。

「健康管理」のカテゴリーでも書きましたが、猫に関しては医療面での
規制がないにもかかわらず、ワクチン接種や健康診断を自主的に行うオーナーが
半数以上を占めていることは、とても喜ばしい状況です。

猫に関する情報やサービスはどうしても犬よりも後発なため、
オーナーへの普及・周知が遅れがちなのは、【ペットとのライフスタイル動向調査】での
結果からも想像がつきますが、それでも、ペットを取り巻く時代の変化や、
猫と暮らす上で“良し”とされる情報を敏感にキャッチし、
愛猫にとって何が大切を考えているオーナーが多いものと思われます。

また、総合的な自己採点ですが、83%と多くのオーナーが、
自身と愛猫にとって2009年は充実した1年だったと回答しています。

個別のエピソードを見ると、高齢な愛猫との思い出や病気にまつわるハプニングが
やや多い印象だったほか、触られたり抱かれたりするのが苦手な猫が多いだけに、
「初めて同じ布団で寝てくれた」「腕枕を要求するようになった」と、
スキンシップに喜びを感じている人が多いあたりは、猫オーナーのひとつの特徴かもしれません。

今回犬・猫オーナーを対象に行ったこの調査で、
個別の項目では当然、犬と猫で数値に差があったものの、
「充実度」では、共通して非常に高い数値になったことから、種類は何であれ、
ペットとの暮らしには手間をかけても余りある幸せがあることがうかがえます。




2010/2/10

ペットの通信簿2009 =犬編=
【アンケート実施期間】2009/12/2(水)〜1/11(月)
有効回答者数:712名(女性469名/男性243名)


「ペット総研」では、「ペットの通信簿2009」と題し、2009年における“ペットとの生活全般”を振り返る総括アンケートを当サイト上で実施いたしました。今回は、犬オーナーを対象としたアンケートの調査結果を公開いたします。近日中に猫オーナーを対象としたアンケートの調査結果、「ペットの通信簿2009 =猫編=」も公開いたしますので、どうぞお楽しみに!


★アンケート対象の愛犬の犬種
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。



★アンケート対象の愛犬の年齢





★アンケート対象の愛犬の性別
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


------------------------------------------------------------------------------------




◆2009年において、愛犬の健康管理に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


健康管理に関しては、約8割のオーナーが概ね「健康管理できていた」と自己採点していることがわかりました。なかでも、ワクチンやフィラリア予防薬の摂取など、義務付けられてはいないものの、一般的に推奨されている項目に関しても実行率が高いことから、愛犬の健康管理に対するオーナーの意識の高さがうかがえます。





◆2009年において、愛犬の食事管理に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


食事や給水に関する質や量を把握しているオーナーは多いようですが、おやつとなると、やや管理が甘くなってしまう傾向があるようです。ご褒美やしつけなど、さまざまなシーンでの用途があるだけに、なかなか1日に与えた全体量を正確に覚えておくのが難しいのかもしれません。





◆2009年において、愛犬のデイリーケアに対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


多くのオーナーが苦戦している「歯みがき」や、初心者には難しい「肛門腺絞り」はやや消極的な数値となりましたが、そのほかの項目に関しては、6割以上のオーナーが愛犬の手入れを日常的に行っていることがわかりました。日ごろのケアは美容面以外に、健康管理にもつながるだけに、「できることはきちんとやる」という意識のオーナーが多いようです。





◆2009年において、愛犬の飼育環境に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


全カテゴリーのなかでも、オーナーの自己採点がもっとも高かったのは、この「飼育環境編」です。いずれの問いも「はい」という回答が非常に高い数値でした。掃除にせよ食器洗いにせよ、通常の家事の一環として行うことができる、というところが、高い実行率につながったものと思われます。





◆2009年において、愛犬のお散歩・運動量に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


散歩や遊びの時間をしっかりと設け、愛犬とのスキンシップを大切にしているオーナーが多いことがわかる結果でした。「運動不足ではない」と感じているオーナーが多いところからも、1日のなかで愛犬のためにまとまった時間を割いている人が多いことを印象づけています。





◆2009年において、愛犬の飼育管理・しつけに対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


フンの放置やノーリードの散歩のような、オーナーのマナーに関する項目と、鑑札・狂犬病予防注射済票の装着に関する項目とでは、その実行率に大きな差が出ました。マナーへの意識が高いオーナーが多い中、法律で義務づけられている鑑札などの装着率は低い、という考えさせられる結果となりました。





ペット保険やペットホテルなど、さまざまなペット関連サービスが増えている一方で、そのようなものを日常的に利用しているオーナーが意外と少ないことがわかった結果でした。そんななかで唯一、「愛犬のお誕生日祝い」を行っているオーナーは6割に上り、ペットを主役にしたお祝いをすることが一般に定着しつつあることがうかがえます。

------------------------------------------------------------------------------------


◆2009年において、愛犬との生活の充実度に対する自己採点は?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。


◆2009年を振り返って、愛犬との生活で1番印象深かったエピソードを教えてください。

▼愛犬との生活の充実度を「5」と回答した犬オーナーの意見抜粋
・ガンを早期発見、切除出来たこと。改めて、日々のチェックの大切さを実感しました。
・2009年6月に先代が亡くなり寂しくて新しく家族になりました。今まで何匹も飼っていますが不思議なことに今度のワンコは、今までで一番印象に残る先代の障害のあったワンコだけが持っていた癖を持っていました。
・長女のお弁当をテーブルの上に置いていたら見てない隙に食べてしまい、慌てて食べたのでナゲットがのどにひっかかり死にそうになったこと!
・初めて飛行機に乗って鹿児島に帰省しました。広い畑と庭を駆け回り、留守番する時間もなかったせいか、悩みの涙やけもなくきれいでした。都会の生活はストレスが多いのかなと反省しました。
・ルーレットで犬が押したボタンで特賞がもらえたこと。国内旅行。
・木村拓哉さんとNikon D5000のCMで共演させていただいた。
・オスとメスを飼っているのですが、初めて出産を経験しました。いつかはふたりの子供が見られたらな〜とは思っていましたが、実際経験すると、いろいろ知識を頭の中に入れていたものの、すべてが吹っ飛びました!でも今まで一番の感動をもらいました。今は実家で飼っていますが、時々届く便りを楽しみにしています。

▼愛犬との生活の充実度を「4」と回答した犬オーナーの意見抜粋
・2009年は愛犬が肥満細胞腫という癌にかかってしまい、本当に愛犬がどれほど心の支えになっているのか実感しました。
・愛犬も12歳になり心配な1年でしたが、大きな病気もしなかったので平和な1年だったと思います。
・全然言うことを聞かず、おすわりもままならなかった我が家の犬が、最近は待てが出来るようになりました!
・2008年以上に老化が激しく、歩くのも困難な状態になってきた。世話が大変になる一方だが、愛情は変わらないか、今まで以上になった気がする。

▼愛犬との生活の充実度を「3」と回答した犬オーナーの意見抜粋
・母が散歩をさせていた時に、リードを母の足元でぐるぐる巻きにした。母が倒れて、歯を折る大惨事にっ!
・トレーナーの先生に躾を教えていただいて、愛犬が実はとっても賢く、飼い主がきちんと能力を発揮させてあげることができていないのがわかった。
・首に持病を持っている犬なので、時々痛がってはらはらしましたが、なんとか今年1年生きていてくれたことに感謝です。これからも無事に年をとってもらえたらと願っています。

▼愛犬との生活の充実度を「2」と回答した犬オーナーの意見抜粋
・年のせいか食べ物を吐くことが多くなった感じなので、これからは健康管理をしていきたいと思いました。
・昨年初めて子供が産まれ、子供中心の毎日であり、愛犬にはあまり構えられず後悔しています。ストレスもあり、トイレの失敗が頻回であり、怒ったこともしばしば…。自分の気持ちに余裕がなく愛犬には申し訳ない思いをさせた年だったと反省しています。

▼愛犬との生活の充実度を「1」と回答した犬オーナーの意見抜粋
・いつもひとりで留守番させていた。
・たまにしか散歩に連れて行ってあげなかったけれど、連れて行ったときは本当に喜んでいた。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


今回の調査から、カテゴリーによってバラつきがあったものの、
愛犬の飼育に関して、おおむね「ちゃんとできた」と感じている
オーナーが多いことがわかる結果となりました。

なかでも、特にペットの健康管理や食事に関しては、
例えば適正量のフードを与えていたり、ワクチン接種をきちんと行っているなど、
獣医師や専門家などが推奨している「愛犬の適正飼養」に関しての情報を熟知し
実行している、意識の高いオーナーが多い印象でした。

一方で、【ペットとのライフスタイル動向調査2009】でも書きましたが、
そのように愛犬との密な生活を送っている人が多いなか、
現在さまざまな分野に展開しているペット関連のサービスや施設を、
実際に利用している人が非常に少ないことも、注目したい点です。

その背景には、例えば「ドッグランやドッグカフェが近所にない」といった、
ニーズに対してサービスがまだ追いついていない状況や、
「存在は聞いたことがあるけど、よく知らない」といった
情報不足のために利用者が少ないなど、さまざまな要因が考えられます。

このライフスタイル動向の項目に関しては、広がる一方のペット関連サービスの分野が
ある程度淘汰されたり、さらに進化した形でオーナーの間に広がっていくなど、
時代とともに大きく変化していくことが予想されるだけに、今後も注目していきたいところです。

また、「愛犬との生活の充実度」に対しての自己採点ですが、
約86%のオーナーが、2009年は自身と愛犬にとって充実した1年だったと回答しました。

個々が挙げた2009年の印象的なエピソードを見ると、
「ガンを早期発見・切除できた」「愛犬の出産を経験した」など、
愛犬にまつわる大きな転機を迎えた人もいれば、
「ルーレットで犬が押したボタンで特賞がもらえた」という
レアでラッキーな体験をした人など、
1年を通し、それぞれのオーナーが愛犬と多くの時間を過ごし、
思い出を重ねたことがわかります。

愛犬の飼育に関わる正しい知識を持ち、適切に実行することと同時に、
自身や家族と愛犬の絆を深める。このふたつを両輪にしてはじめて、
愛犬との充実した生活を送ることができるのかもしれません。




フリーソフトで作るブログ