2008年6月
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2008年 6月3日

2008/6/03

犬オーナーは肉球のニオイが好き?
当サイトの投票コーナー「みんなで投票!」の第6回「犬オーナーさんに伺います。愛犬の肉球のニオイを嗅ぐのは好きですか?」というお題に対し、興味深い結果が出ました。

今回の回答者(延べ143名)のうち、約6割にものぼるドッグオーナーが「好きでよく嗅ぐ」と回答し、一方で「絶対嗅ぎたくない」という“アンチ肉球嗅ぎ”オーナーはわずか4%にとどまるという結果となりました。このことにより、愛犬の肉球のニオイを嗅ぐことは、多くのドッグオーナーにとってごく一般的な“たしなみ”であることがわかりました。

「好きでよく嗅ぐ」と回答した人のコメントでは、その香りを「香ばしい」と表現する人が圧倒的に多く、具体的な例えとして「ポップコーン」「カール」などがあがりました。どうやら、肉球のニオイは、香ばしさの王道である“焼きたてパン”的なものよりも、“スナック菓子系香ばしさ”に近い模様です。なかには、「バラの香り」という斬新な表現も見られました。

また、2位に多かった「とくに好きではない」と回答した人の意見も大変興味深く、「肉球は触るほうが好き」や、「肉球より耳のニオイが好き」というコメントが多く見られました。このことから、“肉球”を主軸に考えると「触る」派と「嗅ぐ」派、“ニオイ”を主軸に考えると「肉球」派と「耳」派という、それぞれに派閥があることが判明しました。

さらに調査を進めれば、例えばニオイなら「鼻」派や「しっぽ」派などの存在も明らかとなるかもしれません。

フリーソフトで作るブログ