2008年10月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
 
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2008年10月

2008/10/28

ペット可集合住宅を選ぶ基準 =前編=
【アンケート実施期間】2008/09/16(火)〜2008/10/13(月)
有効回答者数:580名(女性396名/男性184名)


【問1】あなたがお住まいのペット可集合住宅はどのタイプですか?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。
最近目立って増えてきたペットとの暮らしに特化した「ペット共生型」の住宅は、まださほど浸透していないのが実情のようです。9割を超えるペットオーナーが「ペット可賃貸」もしくは「ペット可分譲」に住んでいるという結果となりました。


【問2】世帯年収をお教えください。
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。
約半数のペットオーナーが世帯年収を300万円〜700万円であると回答しました。ペットの種類と頭数にもよりますが、今後ペットと暮らすことを考えている人にとっては、必要な資金のひとつの目安になるものと思われます。


【問3】ペット可集合住宅を探すとき、なにを利用しましたか?(※複数回答可)
回答者全体の約4割が、「ペット可」などのキーワードで検索したり、不動産物件紹介サイトにアクセスしたりと、物件を探すときにインターネットを利用していることがわかりました。「不動産会社の店頭・店内で得た情報」と並行して、さまざまな情報網を活用して物件探しを行っているものと推測できます。


【問4】ペット可集合住宅を探すとき一番よく利用したのはどれですか?
フラッシュを最新バージョンにアップグレードしてください。
上位3位までの回答は、【問3】と同じ順位となり、やはりここでもインターネットを活用している人が多く見られました。希望の物件の検索が簡単なことや、情報の多さがその理由ではないかと思われます。




★続きは次週お届けいたします!お楽しみに!




フリーソフトで作るブログ