2008年1月
   
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2008年 1月22日

2008/1/22

寒い冬はとくに気をつけたい関節疾患
20080122

どうぶつ健保の「アニコム」が、「椎間板ヘルニア」と「膝蓋骨脱臼/亜脱臼(パテラ)」の請求割合が多い犬種について調査を行ったところ、上の表のような結果となった。

骨関節疾患は、先天的素因(遺伝)が大きい。さらに寒いこの時期は、冷えによる血行不良、また食べすぎによる増量で関節に負担がかかりやすい。運動不足になりがちだからといって、無理に長時間散歩をさせたり、硬いフローリングやコンクリートの上で遊ばせると、思わぬ事故や怪我につながりかねない。飼い主は、犬種の特性をしっかり理解したうえで、適度な運動を心がけたい。
アニコムデータラボ調べ】

フリーソフトで作るブログ