2014年11月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
           
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2014/11/25

ペットフード選びの基準 2014
【アンケート実施期間】2014/10/1(水)〜11/4(火)
有効回答者数:1381名(女性860名/男性521名)

今回は、さまざまなペットフードのなかからペットオーナーが「この1品」を選ぶ基準について、実態調査を実施しました。その集計結果をまとめましたのでご覧ください。


くわしい調査結果は……

★「ペットフード選びの基準」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。


愛犬・愛猫と暮らすオーナーを対象に実施した今回の調査によると、ペットフードを選ぶ際にもっとも重視するのは、「栄養面」で30.3%にのぼり、次いで「安全性」(28.8%)、「嗜好性」(16.1%)と続き、昨年の調査結果とまったく同じ順となりました。「栄養面」を最重要視する傾向は、「パッケージで一番注目するポイント」の設問において「原材料・成分値」(35.1%)に着目する人がもっとも多かったことからもうなづけます。

一方、「価格帯」を重視するポイントに選んだ人は10.3%と、「栄養面」の約3分の1程度。多くのペットオーナーがペットフードを選ぶ基準は「値段ではない」ことを示しています。






一方、安全性の指標については「安心できる原産国」(63.5%)をあげる人が圧倒的に多く、次いで「信頼できるメーカー」(9.3%)「各原材料の産地の開示」(9.2%)と続きました。



また、「『ペットフード安全法』が施行されている現在、日本国内で流通しているペットフードの安全性は信頼できますか?」という設問に対して、「全面的に信頼できる」(11.5%)、「全面的ではないが、信頼できる」(44.1%)、「国産品のみ信頼できる」(23.2%)と、合計で78.8%の人が「信頼できる」と考えていい結果となっています。



くわしい調査結果は……

★「ペットフード選びの基準」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。



ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ