2014年7月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
   
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2014/7/28

教えて!愛猫の飼育費
【アンケート実施期間】2014/6/4(水)〜7/1(火)
有効回答者数:1058名(女性660名/男性398名)


先月の「教えて!愛犬の飼育費」に続き、今回は猫オーナーのみなさまを対象に実施した、年間にかかる愛猫の飼育費についてアンケート調査の結果を発表します。項目別に年間の費用平均と、それを元に算出した月間の費用平均を表にまとめましたので、ご覧ください。なお今回の調査結果では、雑種と純血種に大別して費用比較しています(猫種が「わからない」と回答した人のデータは除く)。


★2013年発表「教えて!愛猫の飼育費」調査結果はこちら!


★以下の表は愛猫1頭にかかる費用(2013年5月〜2014年4月)の1年間の費用です。






◆ 上記1年間のペットにかかる費用は、前年度と比べて増えていますか?減っていますか?






-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


全体の年間飼育費平均を見ると132,674円と、前年度より微減しています。
ただし猫種別に見てみると、雑種は8%減、純血種は9%増という結果になっています。

費用項目ごとに見てみると、フードやおやつ、トイレ用品といった
生活必需品以外のペット用品代が年間平均21,127円と、
前年度と比べて12%増となり、もっとも増加が顕著に現れた項目となりました。

また、雑種の費用項目を見てみると軒並み前年比がマイナス傾向にあるなか、
ペット保険代が17%増と大幅にアップしている点が興味深いところです。

「1年間のペットにかかる費用は、前年度と比べて増えていますか?減っていますか?」
という設問においては、前年度と比べて平均費用が微減しているにも関わらず、
「増えている」と回答した人が31.3%いました。
前年行った同様の設問では24%だったので、「費用が増えている」と感じている
猫オーナーが増えてきていることがわかります。

費用が「増えている」と答えた猫オーナーの意見をまとめると、
多くの人が、2014年4月からスタートした「消費税増税」を増加の理由に挙げていました。
また愛猫が「高齢化」しているため、健康面で気遣うことが
多くなったことを理由にしている人も目立ちました。

今後さらに消費税がアップし、猫の高齢化が進むと、
愛猫にかける費用が増えていくことが予想できます。
今回の平均費用を参考にしながら、愛猫の一生を支えていくために
どのぐらいの費用がかかるのか予測し、備えておくことが大切でしょう。



★2013年発表「教えて!愛猫の飼育費」調査結果はこちら!




フリーソフトで作るブログ