2014年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2014/6/30

教えて!愛犬の飼育費
【アンケート実施期間】2014/5/7(水)〜6/3(火)
有効回答者数:1414名(女性932名/男性482名)


昨年に引き続き、犬オーナーのみなさんにご協力いただき、年間にかかる愛犬の飼育費についてアンケート調査を実施しました。以下、項目別に年間の費用平均と、それを元に算出した月間の費用平均を表にまとめましたので、ご覧ください。

なお、犬種によって費用にばらつきがあるため、小型犬、中型犬、大型犬の代表的な人気犬種をピックアップし、比較してみました。また、雑種の場合、体格や被毛などの特徴がバリエーションに富んでいるため、費用の平均が参考になりにくいところではありますが、回答者の中で、雑種オーナーさんも多かったため、参考数値として併せて掲載しています。

★2013年発表「教えて!愛犬の飼育費」調査結果はこちら!

★以下の表は愛犬1頭にかかる費用(2013年5月〜2014年4月の1年間の費用)となっています。
※レトリーバーはゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバーなどのレトリーバー種を指します。








◆ 上記1年間のペットにかかる費用は、前年度と比べて増えていますか?減っていますか?






-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



今回の調査では年間の総飼育費が19万3162円となり、
昨年同様の調査を行った際の結果に比べ102%と、
愛犬にかける支出がわずかながら増えていることがわかりました。

項目別に見ると、なかでも目立つ増加傾向にあったのは
「ペットホテル・ペットシッター代」「ペットサロン代」で、
最近の景況感の回復で、ペットオーナーの生活に多少の
余裕が生まれているのではと推測できる結果となりました。
(ただし、ペット同伴レジャーの支出が目立って落ちている点は
興味深いところです)

一方、「ペットフード代」「トイレ代」「治療費」などの生活に
欠かすことができない項目は、ほぼ横ばいで推移しています。

また犬種別に見た場合、昨年同様、例えばトイ・プードルは
他の犬種に比べ突出して「ペットサロン代」が高かったり、
「ペットフード代」ではレトリーバー犬種の支出が目立って
多かったりと、犬種の特性や体の大きさにより、支出のかかり方が
大きく異なることがよくわかる結果となりました。

それぞれの愛犬により事情が違いますから、必ずしも今回の
結果の通りではないかもしれませんが、愛犬選びの際には、
「この犬種を飼うにはこの程度お金がかかる」というひとつの
基準として、参考にしてみてはいかがでしょうか。



★2013年発表「教えて!愛犬の飼育費」調査結果はこちら!







フリーソフトで作るブログ