2014年4月
   
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
     
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2014/4/28

うちの愛猫の困り指数
【アンケート実施期間】2014/3/5(水)〜4/1(火)
有効回答者数:1095名(女性659名/男性436名)


前回の「うちの愛犬の困り指数」に続き、今回のアンケート調査では、猫オーナーのみなさんに、愛猫の“困った行動”に対する“困り具合”を5段階で評価してもらいました。
なお、全体の回答の平均値に加え、雌雄別でも平均値を出しています。



くわしい調査結果は……

★「うちの愛猫の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。

★「うちの愛犬の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。



★アンケート対象の猫の種類


★アンケート対象の猫の性別


★アンケート対象の猫の飼育環境



----------------------------------------------------------------------------------------




◆困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・廊下、各部屋、リビング、洗面所など、壁紙はバリバリ。壁紙が剥がれ、中のつるつるしたプラ板が出てしまっています。爪とぎ以外に、2匹で追っかけっこをして壁を蹴るので、穴もありますね…。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・柱で最初爪とぎをしており、そこに防止シートを貼ったら今度はその隣の壁紙で…そこも貼ったら、今度は脱衣所のビニール床に! 敵もなかなかしぶといです。最近は和室の畳がお気に入りで、畳の目が草のようにピンピン飛び出ています。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・爪とぎを置いていても、ふすまの枠でといでしまうので、だいぶ細くなってきてしまい、折れそうに…。不思議なことに、ふすまの枠以外ではとぎません。(オス・去勢済み/室内・屋外ともに出入り自由)
・壁はボロボロ、マットは噛み切って飲み込む…1度腸閉塞で手術した。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・壁にはやらないんですが、なぜか椅子と履いているズボンに爪をとぐので脚に傷が…。(オス・去勢済み/完全室内飼育)





◆困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・ちょっとでもお掃除しないと、うんちを床にしてしまうほどのキレイ好きなのです…。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・トイレ使用後にすぐ掃除されないときや、人間にしつこくされるとおしっこテロをします。冬場の掛け布団にされたときは泣きそうになりました。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・あちこちでおしっこをしてくれるので困っています。部屋中、あっちもこっちもペットシーツを貼りまくり…見た目にも最悪。怒っても悪びれず甘える末っ子の馬鹿息子です。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・トイレですることもあるけど、カバンやかぎ慣れないニオイの物にはすぐおしっこをしてニオイをつけちゃうので、迂闊に新しい物を置いておけません。(オス・去勢済み/室内・屋外ともに出入り自由)
・私のベッドや枕によく粗相をします。それ以外ではお気に入りのバッグなどを叩き落として、その上にやったりするので、自分でも台を持ってこないと取れないところにバッグを置かなければならなくなって困ります。(オス・去勢なし/完全室内飼育)





◆困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・キャット―フードを何種類か味を変えて用意するのですが、最初は食べて、ニオイがなくなったり湿気を少しでも吸うと食べなくなり、困っています。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・3匹のうちの1匹が食が細く好き嫌いが多いので、毎回3匹に同じ餌をあげてもその日のメニューによって食べムラが出て残してしまいます。それをほかの猫が食べて太ってしまうので困ります。(メス・避妊済み/室内・屋外ともに出入り自由)
・ベンガルが腎臓病用の餌をなかなか食べてくれない。元気な雑種の方が自分の餌を食べずに腎臓病用の餌を食べてしまうので目が離せない。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・気に入らなかったら絶対口にしてくれません。安物はニオイをかいだだけで見向きもしません……。なのでいつも通販でプレミアムフードを購入しています。うっかり切らしてしまったときは本当に困ります。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・お爺ちゃんで歯が弱っているのにスープ系、ムース系は絶対に食べてくれません。(オス・去勢済み/完全室内飼育)





◆困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・これまでにあげたおもちゃで遊んだことがなくて、今一番のお気に入りはビニールで出きた採寸用のメジャーテープ。もうめちゃくちゃ喜んで遊び相手になってくれる。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・高かった爪とぎ(カーペットと白木のリバーシブル)はどちらもまったく使わず無駄に。水飲み機も冬はよかったけど、夏は水がまずくなるのか夏場に使わなくなり、今は放置です。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・カシャカシャ音がする潜るトンネルを買ったが、音が怖いらしく入らない。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・キャットタワーを購入したのに、ぜんぜん遊んでくれなかったり。かと思えば、主人のお気に入りのネクタイを気に入って噛んで離してくれなかったり…。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・服を着させたらほふく前進のような歩き方に…オモチャも興味なし。(メス・避妊済み/完全室内飼育)





◆困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・夜中に電話機の上に乗ってリダイヤルボタンを足で押すので、飛び起きてしまいます。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・やはり夜行性!!と言わんばかりに、走りまわったりするので、2歳の息子が起きてしまいそうでひやひやしています。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・だいたい朝方5時ごろに決まって大運動会。家じゅうを駆け回りモーニングコール。おかげで寝不足気味。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・たまに頭の上を通るときがあり、飛んでくれるとありがたいのですが、踏み台にされるときは辛いです。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・片付けた部屋も朝になると泥棒が入ったのか?というような状態になることも。(メス・避妊なし/室内・屋外ともに出入り自由)




◆そのほか、愛猫の行動で困っていると回答した猫オーナーの意見抜粋
・小さなねずみを捕まえてくることがある。家族に見せたいのだと思うけど、ちょっといや。(オス・去勢済み/室内・屋外ともに出入り自由)
・網戸に登って張りついている…これからの季節、網戸にすることが増えると思うので、心配!!(メス・避妊なし/完全室内飼育)
・ナデナデして気持ちよさそうなのに、いきなり豹変してパンチしてきたり噛みついてくることがある。また、深夜や早朝の人間が寝静まってるときに、こっそりシンクの洗い桶のためてある水を飲んでいること。きちんと飲み水用意してるにも関わらず…飼い主報われず。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・一番困っているのが、コードを噛みちぎること。我が家のコード類はすべてカバーを巻いています。あとは、男性嫌いなとこかな? たまに帰ってくる弟をめちゃくちゃ威嚇します。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・ドアノブタイプ以外の扉は、なぜか自分で開けられるようになってしまい、外に出ようとするので、鍵をかけておかないといけない。(メス・避妊済み/完全室内飼育)
・ときどき、病院へ検診や予防接種に連れて行きたいのですが、籠を見るだけで察知してソファの下に隠れて出てきません。籠に入るまでに2時間はかかります。そのくせ、病院では、借りてきた猫みたいにじっとしてます。顔を私に埋めて我慢しています。ストレスで毛が大量に抜けます。帰りの車のなかでは、抗議のにゃーにゃーです。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・多頭飼いですので、相性の悪い子もいて、住み分けがなかなか大変です。折り合いの悪い子同士は、なるべく顔を合わせないですむように工夫していますが、大邸宅ではないので、完全には難しいところです。なるべくみんなのストレスにならないようにと考えています。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・布団に入れて一緒に寝るのですが、暑くなって出ていく際に私の首を踏んでいくので、いつもウエッとなります。寒くなってきて布団に入るときは、わざわざみぞおちの上でいったん停止をしてくれます。私を殺しにかかってるのかしら…と困っています。(オス・去勢済み/完全室内飼育)
・とても寒がりで、ストーブの前から離れません。暖かいところが好きな動物なので仕方ないのですが、何度怒ってもストーブに体をぴったりくっつけて寝てしまうので、低温火傷にならないか心配です。(オス・去勢済み/完全室内飼育)






-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

「うちの愛犬の困り指数」同様、猫オーナーを対象とした今回の調査も、
全体的な困り指数の平均値はさほど高くない結果となりました。

もっとも高かったのは「爪とぎ」で、全項目のなかで唯一「3」を超える
平均値となりました。困っているオーナーからは「爪とぎを与えたけど
使ってくれない」や「爪とぎ防止シート貼ったらその隣の壁紙で爪をとぎ始めた」
といった意見が見られ、いろいろと手を打ってはいても、なかなか防止できないことが、
困り指数の高さに反映されているものと思われます。

一方、困り指数が低かったものでは、「食べ物の好き嫌い」と
「ペットグッズを愛猫が気に入ってくれない」が「2.1」の同率で並びました。
「そもそも猫は気まぐれなもの」という考えから、「好き嫌いは猫次第」として
受け入れているオーナーが多いのかもしれません。

犬のようなしつけができない猫は、なかなか問題行動を直しにくいという
側面はあるでしょうが、今回の結果に見る全体的な困り指数の低さから、
困った習性や行動も、ある程度は仕方がない、だって猫だものと
受け入れているオーナーが多いことがうかがえました。

とはいえ、「そのほかの愛猫の困った行動」についての自由回答では、
「コードを噛みちぎる」や「扉を自分で開けて外に出ようとする」といった、
一歩間違えば大きな事故につながりそうな問題行動をあげている人も
少なからず見られました。

たとえばコードを噛んでしまうケースの場合、オーナーの方はカバーをする
といった対策を取っているようでしたが、そのように工夫をして、
事故を未然に防ぐことが、猫を飼う場合は大切といえるでしょう。








くわしい調査結果は……

★「うちの愛猫の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。

★「うちの愛犬の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。








フリーソフトで作るブログ