2014年4月
   
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
     
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2014/4/02

うちの愛犬の困り指数
【アンケート実施期間】2014/2/4(水)〜3/4(火)
有効回答者数:1240名(女性799名/男性441名)


今回のアンケート調査では、犬オーナーのみなさんにご協力いただき、愛犬の“困った行動”に対する“困り具合”を、5段階で評価してもらいました。

なお、全体の回答の平均値に加え、回答数の多かった上位10犬種(雑種、ミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、チワワ、柴、ポメラニアン、シー・ズー、ヨークシャー・テリア、ゴールデン・レトリーバー、パピヨン)に関しても平均値を出しています。


くわしい調査結果は……

★「うちの愛犬の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・しつけ教室にいっても、しつけの先生に来ていただいても結局治らず、今13歳になっています。公園に行って、ほかのワンちゃんに吠えたり、自転車、杖をついた方などに吠えてしまうので申し訳なく、公園では隅っこで過ごしています。(チワワ)
・夜中や早朝に騒ぐため、飲食店を営んでいて夜遅くに帰ってくるお隣さんから「うるさい」とクレームが来る。(雑種)
・散歩で行く広場でだけ、要求吠えをします。 そこでは、ほかの飼い主さんたちが、おやつをくれることを覚えてしまって、 飼い主さんを見ると、吠えています。(ジャック・ラッセル・テリア)
・郊外の一軒家から市内の集合住宅に引っ越したため、いろんな物音や人の話し声、咳払いまでにも反応して吠えます。管理会社を通じて苦情が入りました。(チワワ)
・家族が出かける&帰宅時、インターフォンがなったとき、来客時に気が狂ったかのように吠えまくる。チワワも6匹いるのですが、同じように吠えます。(ラブラドール・レトリーバー)





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・ありとあらゆる敷物に粗相をする。タオルや服が落ちていたら、その上にもする。冬の時期だと、コタツ布団にもするのでコタツ布団が臭い。(ミニチュア・ダックスフンド)
・トイレは噛んで壊す、シートも破る、掘る、場所は覚えない…でお手上げです。(柴)
・シートの上でちゃんとしてくれるのですが、ダックスフンドなもんで、胴が長いため、前足だけ乗っけてオシッコがシートから漏れてしまうことがあります。(ミニチュア・ダックスフンド)
・お留守番をさせられると気づいたら…人の足元でオシッコ。しかもこちらを向きながら。急いでいるときには特に腹が立ちます(トイ・プードル)
・5歳になるマルチーズ。うんちをすることが、悪いことと認識してしまっています。場所のことでしつけしたつもりなんですが…。人の目を気にして、急いでするみたいで慌てるため、シートから必ずはみ出てしまいます。(マルチーズ)





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・油断して鞄をそのままにしておくと、いつのまにか中身を出してしまっている。ちょっとしたお菓子が鞄に入っていることが多く、そのお菓子を狙って食べる。(チワワ)
・リードを長く持っていると、目を離した隙に道端に落ちている怪しげなものを口にすることがあって困っている。(シェットランド・シープドック)
・2匹のうちの1匹が、食糞癖があるので困っています。せっかくアレルギー対応のフードなのに、別のフードを食べている犬のフンを盗み食いしてしまいます。(アメリカン・コッカー・スパニエル)
・食いしん坊番長なので、ここなら大丈夫でしょ?というところにも短い足でよじ登り食べてしまいます。稲荷寿司を9個食べられたときは、驚きのあまり倒れそうに。どうやって上り下りしたんだろう…。(ミニチュア・ダックスフンド)
・この前、少し席を離れた隙に、お猪口の日本酒を水のように飲んでしまい、酔っぱらってしまった。(ポメラニアン)





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・散歩から帰ってきて、お尻を拭こうとしても拭かせてくれません。鼻にしわをギュッと寄せた顔でウゥーとうなって警戒してきて、お尻を拭くと噛みつきます。家族はみんな手に穴が開いています。(アメリカン・コッカー・スパニエル)
・おもちゃを与えても1時間も経たないうちに破壊してしまうし、毛布やクッションなども穴を開けて中の綿をほじくり出して食べてしまいます。今もっとも困っている悪い癖です。どうにか治したいです。(雑種)
・甘噛みだけど痛い。食事中の食器のズレを直そうとしたら噛まれた。(パピヨン)
・1歳半で里子で我が家に来た子ですが、前の飼い主は内緒にしてましたが噛み癖があり里子に出されたようでした。我が家に来てからもそれは変わらず、私の体中に噛み痕があります。手、足、顔、どこでも構わずマジ噛みをするので正直怖いです。(ミニチュア・ダックスフンド)
・他人がさわろうとすると唸ったり威嚇したりすることなく、いきなりかわいい顔して噛みつこうとする。なので「噛みますからさわらないで下さい」と言っても信じてもらえず、触ろうとする人が多い。(柴)





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・長時間の外出はまったくできません。ひとりだとストレスがたまるようで、色々なところにおしっこをしたりしちゃいます。(チワワ)
・見かけによらず一日中べったりで、夜も自分が目を覚ましてママの姿が見えないと起こしに来るし、ママの横で寝たがる。寝る前にお腹を撫でろと甘える。(甲斐犬)
・常にマッサージや撫でていてほしいらしく、足踏みして催促してきます。かわいいけど疲れる。(雑種)
・自分のご飯が終わると必ず「抱っこして!」と催促します。私はまだ食事中なので、抱っこしたまま食べています。(ミニチュア・ダックスフンド)
・家にいる間ずっとべったりで、出かけるとき、とても怒るというかぐずるというか…。帰るとものすごく文句を言ってきて「こんなに寂しかったんだ」とアピールしてきます。放置時間が長いと部屋には必ず粗相が…。(ペキニーズ)





◆困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・興奮してうちに遊びにきたお客さんの足にしがみつき、腰をヘコヘコしてしまいます。ありとあらゆる体液をお客さんの服にくっつけてしまいます。(アメリカン・コッカー・スパニエル)
・新聞屋さんや郵便屋さんのバイクが来ると、ものすごく興奮して、玄関から飛び出して行きます。(シェットランド・シープドッグ)
・かゆいところをブラッシングしたときは、失神するほど興奮するので、あまり刺激を与えないように注意しています。(パグ)
・光に反応し、夜中に窓から車のライトなどが見えると興奮して吠えまくる。(キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)
・犬が雷をきらうのは普通だと思いますが、うちの外で飼っている犬は雷のとき、暴れまわり窓ガラスを前足で叩き割り、大きな声で吠えまくってました。(雑種)




◆そのほか、愛犬の行動で困っていると回答した犬オーナーの意見抜粋
・今まで10年近く私が愛犬のトリミングをしていたのですが、だんだん爪切りをやらせてくれなくなり、今では動物病院で3人がかりでやっています。できればお金をかけずに自分でやりたいんだけど…。(アメリカン・コッカー・スパニエル)
・野菜が好きで、買い物した野菜をそのまま置いておくと食べてしまう。また、散歩のとき、よその畑に入って野菜を食べる。(チワワ)
・あまりの車好きのため、外出は車でないとダメ。ということは、家から歩いて散歩に行かない…ということです。なだめすかしても怒っても褒めてもおやつ見せても、とにかく歩きません。38kgあるので抱っこして出かけるわけにもいきません。首輪・胴輪をすべて抜いてしまうので、結局こちらが折れて車に乗せて出かける羽目に。(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)
・雷だけが極度に苦手。外で飼っているが、穴を掘ってまで逃げ出すこともある。(秋田)
・食が細くて困ってます。6キロ級のかなり大きいチワワなのですが、食事は数日に1回というときもあります。心配になります。(チワワ)
・母性本能が強いのか、犬や猫の赤ちゃんが好きで尋常じゃなく興奮する! そして自分の子供じゃないのに、自分のお腹に入れておっぱいを吸わせようとしたり、私が赤ちゃんを取ろうとすると噛みついてくる。(トイ・プードル)
・散歩中、えさをくれそうな人がいるとそちらに引っ張っていきたがるところです。 人はいいものだというのを教えるために、他人からえさをもらうことを制限しない教育をしたので、ラブラドールの食い意地を考えると、ある意味仕方がないことですけど。(ラブラドール・レトリーバー)
・滅多にないですが、いたずらをしたときに説教をして、話が長いとイラっとするみたいで、「ハァッ??」と捨て台詞のようにして飼い主の前から去ります。イライラがMAXになると噛みつきます。過去に2回噛まれました。(ミニチュア・シュナウザー)
・私たちの話している言葉を聞いていて、「行く、食べる、来た、車」などを話すと興奮して吠えて、そばを離れなくなります。なので、言葉には気をつけて話さないといけないので困ります。(ミニチュア・ダックスフンド)
・去年の夏、自分のしっぽを追いかけては噛みつき続け、最終的に噛みちぎってしまい、しっぽを手術で根元から切断するはめになってしまいました。 子犬のころからしっぽを追いかける犬だったのですが、自分の一部だとは思っていなかったみたいです。(ポメラニアン)





-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


子供のようにかわいい愛犬であっても、実際に暮らしてみると、
多かれ少なかれ、困ってしまうポイントがそれぞれにあることが
わかる今回の結果でした。

とはいえ、全体的に困り指数はさほど高くはなく、もっとも高かった
「吠え声」でも、5段階中平均値が「2.9」、次いで「過度の興奮」が
平均値「2.5」となりました。逆に、もっとも低かったのは、
「噛み癖」の平均値「1.9」でした。

また、たとえば粗相のお悩みであれば、胴の長いダックスフンドは、
トイレからはみ出しやすかったり、愛玩犬の要素が強いトイ・プードルの
甘えん度が平均を大きく上まわったりと、犬種の特長により、
あらわれる“困りポイント”も変わってくるようです。

ただひと口に吠え声や興奮などといっても、それが何を理由にした
行為なのかにより、対処法も変わってくるでしょう。たとえば愛犬の
困った行動がストレスによるものであったり、もともとの性格から
くるものであれば、ただ怒ったりしつけたりといった対応だけでは、
解決するのが難しい場合もあります。

愛犬の困った行動も、彼らから発信されるサインのひとつとして
耳を傾けたり、「それも個性のひとつ」とおおらかに
受けとめてみるということも、大切なのかもしれません。

ちなみに、なかには「うちの子がかわいすぎて困る」といった
心温まるお悩みをあげるオーナーさんも見られました。




くわしい調査結果は……

★「うちの愛犬の困り指数」 調査結果へ
※各調査結果はFacebook上で公開しています。








ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ