2012年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
       
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2012/7/30

教えて!愛猫の飼育費
【アンケート実施期間】2012/6/6(水)〜7/3(火)
有効回答者数:710名(女性507名/男性203名)


愛犬の飼育費調査に引き続き、猫オーナーのみなさまにもご協力いただき、年間にかかる愛猫の飼育費についてアンケート調査を実施しました。以下、項目別に年間の費用平均と、それを元に算出した月間の費用平均を表にまとめましたので、ご覧ください。なお今回の調査結果では、雑種と純血種に大別して費用比較しています(猫種が「わからない」と回答した人のデータは除く)。

★2011年発表「教えて!愛猫の飼育費」調査結果はこちら!

★以下の表は愛猫1頭にかかる費用(2011年5月〜2012年4月の1年間の費用)となっています。








◆ 上記1年間のペットにかかる費用は、前年度と比べて増えていますか?減っていますか?

◆ 前年度比で費用が増減している、もしくは変わらない理由は?
※「増えている」「減っている」「変わらない」を選んだ回答者対象

---------------------------------------------------
「増えている」と回答した人の主な理由
---------------------------------------------------

 ◆医療費・治療費が増加したため
 ◆愛猫の高齢化にともなう出費が増えたため
 ◆愛猫の頭数が増えたため
 ◆子猫から成猫に成長したため
 ◆フード・用品代などが値上がりしたため

---------------------------------------------------
「増えている」と回答した人のコメント抜粋
---------------------------------------------------

・昨年9月に自宅駐車場に生後1か月くらいの子猫が捨てられていて、結局自宅で飼うこととなったため。(雑種)
・シニアで慢性の腎不全なので、自宅での点滴や通院で医療費が大きく増えた。(アビシニアン)
・今月になって泌尿器の病気に罹り治療入院と通院し、療法食に替えた。また、トイレ一式を替えた。(雑種)
・11歳になり健康診断など受けるようになったからです。(スコティッシュ・フォールド)
・高齢で粗相することが多くなり、おしっこシートや高齢猫用の食べ物を買うようになった。(雑種)
・もう年寄になってしまったので、治療費がかかります。キャットフードからやわらかい缶詰に変わってしまったので、必然的にご飯代が上がってしまいました。(その他純血種)
・今年1歳を迎えて、子猫期から成猫期への変化のため、いろいろ出費が重なりました。(雑種)
・念願のキャットタワーを買ったので。今まで食べていた複数種類のウェットフードのうち、一番高いヤツしか食べなくなってしまったので。(ノルウェージャン・フォレスト・キャット)
・猫が快適に過ごせるように、猫砂、ペットフード、おやつなどは見直しをして体によいものをあげるようにしているのでどうしても費用はかさみます。(スコティッシュ・フォールド)
・震災があり、買い置きをするようになった分、少し増えた。(雑種)
・ペット保険に加入したため。(スコティッシュ・フォールド)


---------------------------------------------------
「減っている」と回答した人の主な理由
---------------------------------------------------

 ◆病気・怪我が治って医療費が減ったため
 ◆飼育している頭数が減ったため
 ◆愛猫が成長したため
 ◆高齢になり、購入しなくてはいけない物などが減った


---------------------------------------------------
「減っている」と回答した人の主な理由
---------------------------------------------------

・食事を手作りに変えてから病気しなくなって、医療費がかからなくなった。エサの材料費より作るのが大変ですが、家族ですから。とにかくPCでなんでも研究できるのがありがたいです。(雑種)
・健康でいてくれてるから♪ 前いた猫は身体が弱くて毎週のように病院通い、それがあまり苦にならない性格だったのは助かりましたが…病院代で新車が買えたと思います。(猫種わからず)
・昨年は生まれたばかりで病気をしたり、キャリーバックやハーネス、首輪、おもちゃを買い揃えたり、いろいろとお金がかかりました。でも1歳になり、買い揃えるものもほとんどなくなり、丈夫になりましたので、お金もかからなくなりました。(雑種)
・昨年から飼いはじめたので、はじめのうちは色々とお金がかかったが、2年目の今年は必要なもの・不要なものがわかったり、より安いものを選択するようになったため、費用が減った。(雑種)
・前年より、飼育数が減ったのが大きな要因です。あとはトイレの砂を、紙から木チップに変えたのも節約につながりました。 (雑種)
・震災をきっかけに、ペット用品などもエコを意識して、考えて買うようなった。必要以上に買わない。捨てない。大事に使う。(ペルシャ/チンチラ)
・ご飯&おやつ代は変わらないが ペット用品代は減った。最初のうちはいろいろな玩具を買ってあげたが。今はそんなに買わなくなったため。(スコティッシュ・フォールド)



---------------------------------------------------
「変わらない」と回答した人のコメント抜粋
---------------------------------------------------

 ◆生活スタイルが変わらないため
 ◆愛猫が健康で体調が安定しているため
 ◆費用が増えたこともあれば減ったところもあるから
 ◆節約を徹底しているため


---------------------------------------------------
「変わらない」と回答した人の主な理由
---------------------------------------------------

・完全室内で余計な事故は防いでいるし、健康状態が維持できているからかな。(雑種)
・まだ若いので医療費があまりかかっていないから。(その他純血種)
・フードの種類・量ともに前年と変わらず。トイレタリーも変更なし。その他、生活のペース・スタイルともほとんど変化がないため。(雑種)
・頭数も増えていないし、エサの内容も変わってないから。(スコティッシュ・フォールド)
・なるべくネット通販など、価格の安いところを探して買うようにしている。(ペルシャ/チンチラ)
・食事代は増えたが、薬代は減った。(雑種)
・できるだけ節約するように努めているので、予算は変わりません。(雑種)
・ペットフードは決まった療法食しか食べさせられない体質なため(ストルバイト結晶ができやすい)、いつも同じネットのお店で購入するため。猫砂も同様。(アメリカン・ショートヘア)
・家計簿をつけているので、毎月変わらないように気をつけています。(雑種)
・飼いはじめてもう14年近い猫なので、特に新しいおもちゃなどは必要ないため、費用は発生せず。(雑種)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


昨年、同様の調査を行った際の結果に比べ、猫オーナーの年間の
総飼育費が前年比108%の7万991円となりました。

その大幅な増加傾向を後押しした要因を項目別に見てみると、
特に目立った増加を見せたのは【その他、医療費】の前年比128%、
【ペットホテル・ペットシッター代】の前年比127%でした。

一方、【ペットフード代】【おやつ代】【その他、ペット用品代】といった、
日常的に使う消耗品への支出はいずれも減少傾向にあり、
唯一【トイレ用品代】だけが前年比107%という結果となりました。

また、雑種・純血種別に見ると、すべての項目で増加傾向を示した
「雑種」に対し、「純血種」は【おやつ代】の前年比61%をはじめ、
項目によっては大きな支出の落ち込みが見られ、
非常に対照的な結果となりました。

猫オーナー自身の感覚としては、昨年に比べ支出が「増えている」と
回答した人が、昨年調査時の結果よりやや多くなっており、
その理由には「医療費・治療費の増加」「愛猫の高齢化」などの意見が
多く見られました。

愛猫も高齢化が進むと、体調を崩しやすくなったり、
病気の発症率が高くなります。特に腎疾患、甲状腺機能亢進症などは、
高齢猫に非常に多く見られる病気として知られています。
若いうちから発症の予防に励むことはもちろんですが、
治療費の貯蓄やペット保険への加入など、
金銭的にも対策を打っておくことが大切でしょう。








フリーソフトで作るブログ