2011年12月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2011/12/26

動物病院を選ぶ基準
【アンケート実施期間】2011/11/9(水)〜12/6(火)
有効回答者数:836名(女性608名/男性228名)


「ペット総研」では、ペットオーナーのみなさんにご協力いただき「動物病院選びの基準」に関するアンケートを当サイト上で実施いたしました。

★前回調査した「動物病院を選ぶ基準」(2010年発表)の結果はこちら!


◆ 動物病院を選ぶときのポイントは?(※複数回答可)

「信頼できる獣医師がいる」「病気や治療の説明が丁寧」が他より多く選ばれました。オーナーの疑問や不安ととことん向き合ってくれるかどうかが、獣医師への信頼につながるのかもしれません。

◆ 現在、利用しているかかりつけの動物病院を選んだ一番の決め手はどれですか?


ここでも「信頼できる獣医師がいる」が最も多い回答でしたが、この設問では2位に「家の近所」が選ばれています。通院しやすさも、選ぶ際の大きな基準となっているようです。

◆ 現在、どのぐらいの頻度で動物病院に通院していますか?

大きく頻度の違うふたつの選択肢に回答が集中しました。飼っているペットが犬か猫かにもよると思いますが、「年に1回」が半数近くにのぼったことから、上手に健康管理ができているオーナーが多いことが推測されます。

◆ 動物病院へ行く主な理由はなんですか?(※複数回答可)

過去に同様の調査を行った際に比べて、「ワクチン接種」を選択した人の割合がもっとも高くなり、予防医療のために通院する人がますます増えていることがわかりました。同様に、「フィラリア予防薬購入」「健康診断」の割合も増加しています。

◆ 担当獣医師の印象について当てはまるものはどれですか?(※複数回答可)

「やさしい」という回答が圧倒的多数となりました。思うに、一般的に「動物好き=やさしい」というイメージがあることも影響しているのではないでしょうか。

◆ かかりつけとは別に、セカンドオピニオンを求めて別の動物病院に行ったことはありますか?

前回の調査時に比べ「セカンドオピニオンを求めたことがある」を選んだオーナーがやや増加し、全体の3割を超えました。場合により、かかりつけと他の病院を並行して利用することが、オーナーの正当な権利として認識され始めているのかもしれません。

◆ 現在、利用しているかかりつけの動物病院に満足していますか?

8割を超えるオーナーが「満足/大変満足」と回答し、自分とペットに合うよい病院選びに成功していることがわかります。

◆ 上記設問で選んだ答えの理由を簡単にお書きください。

▼「大変満足している」と回答した方の理由
・診察の経過などを、丁寧に時間をかけて説明してくれるから。人見知りの激しい家のネコにも、落ち着くよう、優しくなだめてくれるので、助かります。
・今のかかりつけの病院の獣医師は自分の意見を言いつつ「ご家族で話合ってください」とちゃんと飼い主の意見を尊重してくれる。
・今年の4月に前医より、血液の癌で余命半年と言われ、抗癌剤治療と薬づけの毎日になる事を説明され、セカンドオピニオンで伺ったのが、現在の医師です。愛犬の事を一番に考えて頂き、今の状況を維持できるように頑張りましょうと話してくださり、今は、食事療法と1カ月に1度くらいのペースで受診し、余命半年が経ちましたが、元気です。前医は、設備の整った大きい病院でしたが、現在の医師は往診もしてくださる、町のお医者さんといった感じで、温かい印象です。愛犬の事を一番に考えてくださる、現在の医師に感謝しています。
・普段のかかりつけ医は、最新設備が整っているわけではないけれど、ご自分の手に余るときは、別の病院に行くよう、アドバイスしてくれる(他に、2か所行きつけの病院がある。かかりつけ医から紹介された病院と、さらにその病院から紹介された病院。)。早めに、次の病院に行くようアドバイスをしてくれたため、先天性の分かりにくい病気が見つかり、大事になる前に、手術を受けることができた。感謝しているし、信頼できると思う。
・変わり者の先生で、とても楽しい。動物がすごく好きで本来していない夜中の受付もある程度してくれる。ちょっと診たくらいなら代金もとらなくて良心的。
・説明もわかりやすいし何といっても良心的な価格で治療していただける。

▼「満足している」と回答した方の理由
・技術は十分信頼しているけど、料金が高いのが少し不満。
・とてもやさしく質問て丁寧な先生で信頼もしています。ただ、タバコの臭いが気になるときがあるのでそこだけ無ければいいなぁと思います。
・腕は確かだが、やや説明不足でこちらから聞かないと詳細がわからないので。
・夜間診察がないところと、ペットホテルをしていないのがやや不満。
・親戚なので(^^;多少の無理はきくので満足 でも何かあったときに他の医者に行きにくいので“大変”満足まではいかない感じ…。
・飼い主には厳しいが、犬にはやさしい(笑い)。仕事が丁寧で説明等も時間をかけてしてくれる。なので待ち時間が長いのが難点。行く回数の項目がなかったが4ヶ月に1回程度です。
・いままで何件かの病院に行った事があるので比較して。。。最新医療とはいかなくても、先生が良く見てくださり説明も多く、何と言っても先生が動物が大好きで、人間の如く「ゴメンネ〜、もうちょっと見せてね〜」などと動物に対して気を配ってくれる事もあり、良い先生に満足しています。
・的確な治療方針と明朗会計で先生の信頼度は高いです。友人たちにも自信を持って紹介できる医院と先生。ただ我が家からは少し遠いのと人気がありすぎていつも待ち時間が2時間以上。でもここに通えてラッキーです。

▼「どちらでもない」と回答した方の理由
・他の病院を知らないから。
・雄猫が入院した際、あらかじめ料金を電話で教えてくれたり、面会しにきてもよいといってくれたりした事は良心的だと思ったが、病気とは関係ない検査をこちらの承諾も得ないでして、それを請求されたのはちょっと不満。きちんと説明してほしかった。
・今は家の近くの小さな病院ですが大きな病気にも備えて他にいい病院があればそこをかかりつけにしたい。
・いくつかの病院に行きましたが、その中では丁寧・親切・料金も妥当です。ただ、健康診断と予防接種で伺っているので、重篤な症状だったら?かもしれません。今は可も無く不可もなくって感じです。
・言う事や診断がたびたび矛盾していることがある。こちらの意見や調べた見解を言うと機嫌がわるくなる。
・幸いにも大きな怪我や病気をしていないので分からない。

▼「不満である」と回答した方の理由
・親切さと腕と料金がマッチしない。
・皮膚の炎症を訴えたときに「何ともないですよ」で診断されて、その後炎症が悪化してきたのと、スタッフの方で感じの悪い人がいたり、周りから悪い評判をよく耳にするので。
・繁盛し過ぎて事務的に診察している

▼「大変不満である」と回答した方の理由
・価格が高く不愉快な態度である。
・いまのままではわからないし、効果もそれほどないので、ちょっとお金がかかるけど、詳しく調べてみませんか? と言われたのだけど、すでに10万円ぐらい使っていたので断ると態度が急変した。家での治療がいいとか、具合が悪くなって相談の電話をしても、それ以上何も方法がないしアドバイスもないとつき放された。まったく気持ちが分かっていない。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
今回で3度目となる「動物病院選び」に関する調査ですが、
かかりつけの動物病院の獣医師やスタッフと良好な関係を
築いているペットオーナーが、依然多いことがわかる結果となりました。

「動物病院を選ぶときのポイント」や「担当獣医師の印象について」の回答から見て、
ペットの病気や怪我に際し不安な気持ちで病院を訪れるオーナーにとって、
獣医師がペットだけでなく、自分ともきちんと向き合い、気持ちに寄り添って
くれるかどうかが、病院選びの大きな決め手になっているものと思われます。

この獣医師の人柄や対応を重視する傾向は、
最後の設問である自由回答のいくつかのコメントにも見られます。

かかりつけの病院を変更したオーナーの
「前医は、設備の整った大きい病院でしたが、
現在の医師は往診もしてくださる、
町のお医者さんといった感じで、温かい印象です」や、
「かかりつけ医は、最新設備が整っているわけではないけれど、
ご自分の手に余るときは、別の病院に行くよう、アドバイスしてくれる」
といったコメントに見られるように、獣医師の丁寧で真摯な対応は、
仮に設備などの面に不満があったとしても、
それを補う要素となりうることを示しています。

ペットの健康を守るのはオーナーの責任とはいえ、
しゃべることができない動物の健康状態を正確に把握し、
維持し続けることはとても難しく、
どんな獣医師であってもプレッシャーのかかる仕事です。

今回の調査では、主に予防医療のために病院を利用するオーナーが多いため、
病気や怪我の治療で病院を利用するオーナーの場合とは
やや傾向が違うかもしれませんが、オーナー心理をよく理解し、
各々の来院者に合った対応ができることも、
獣医師のスキルのひとつとして求められています。




フリーソフトで作るブログ