2011年10月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2011/10/31

愛犬のデンタルケア
【アンケート実施期間】2011/9/7(水)〜10/4(火)
有効回答者数:511名(女性366名/男性145名)


「ペット総研」では、ペットオーナーのみなさんにご協力いただき「愛犬のデンタルケア」に関するアンケートを当サイト上で実施いたしました。

★前回調査した「愛犬のデンタルケア」(2009年発表)の結果はこちら!


◆ 愛犬の年齢を教えてください。

「10歳以上」がもっとも多く2割を超え、ついで「3歳」「5歳」と続きました。


◆ 愛犬のデンタルケアで活用しているものをお選びください。(※複数回答可)

2009年4月に同様の調査を行った際と比べ、「歯ブラシ」「ガーゼなどの布」「デンタルケアおやつ」を使用すると回答した人に目立った増加が見られました。


◆ ご自宅では、愛犬の歯みがき(※ブラシなどの器具を使った本格的な歯みがき)はどの程度の頻度で行っていますか?

こちらの項目でも、前回に比べて「毎日」「1週間に1〜2回程度」と回答した人が増加しています。逆に「気になったときのみ行う」「歯みがきはしない」が著しく減少し、歯のお手入れを定期的に行うよう心がけているオーナーが増えたものと思われます。


◆ あなたの愛犬は、歯ブラシで歯みがきされることを嫌がりますか?

この項目は前回と比べて、結果に大差がないのが興味深いところです。7割以上が「歯みがきを嫌がる」と回答していることから、基本的に犬は口元を触られることを嫌がる傾向があるものと思われます。


◆ ご自宅では、歯の健康のためにデンタルケアのおやつを与えていますか? その頻度はどのくらいですか?

「毎日与えている」「1週間に数回与えている」を合わせると、約半数のオーナーが高い頻度でデンタルケアおやつを利用していることがわかりました。簡単、かつ愛犬が嫌がらずに歯のケアができるとあって、人気が高いようです。

◆ 動物病院で、麻酔をして愛犬の歯石を除去してもらったことはありますか?

半数以上のオーナーが「歯石除去をしていない」と回答していますが、注目したいのは、「自分でお願いして、してもらったことがある」が全体の1割とはいえ、前回に比べると倍近くに増加している点です。「愛犬の歯の健康を守る」という考え自体がオーナー間に浸透してきていることがうかがえます。


◆ あなたの愛犬は歯周病(※歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏など)と診断されたことはありますか?

「ない」と回答した人が7割を超え、圧倒的に多いことがわかりました。大半のオーナーは、上手に愛犬の歯の健康を維持できているようです。


◆ 愛犬のデンタルケアに関する悩みやこだわりなど、自由にお書きください。※コメント抜粋

▼毎日自宅で歯みがきをしている
・毎日のことなので結構大変!
・毎日歯磨きはしているが、口臭がある。それを改善したい。
・どの程度歯のお手入れをしたらいいかわからない。
・歯の内側を磨くのが難しい。
・毎日歯磨きしていますが、やっぱり磨き残しがあり歯垢が取れにくい。
・前歯はいいのですが、奥歯は磨かれるのが好きでないらしく、嫌がります。
・子供が幼児なので子供が歯磨きするタイミングでやると、自分もやらなきゃいけないという気持ちになるらしい。
・歯並びが悪いので歯石がたまりやすく、乳児用の歯ブラシと動物病院から購入した歯磨きで磨くように小さいころから習慣にしています。
・私は赤ちゃんの頃から体のどこを触っても嫌がらないようにしつけたので、歯磨きも毎日きちんと行っていて、13歳になった今でも歯は綺麗だと獣医さんに褒められています。自宅で時々スケラーで歯石も取ります。
・デンタルケアできるおやつを与えると、あっという間に食べてしまうので、ケアになっていないのではないか。与える意味なし?
・なんとか歯磨きはさせてくれるけど、すごくイヤがるので大変。どうしたら楽にさせてくれるか講習とかあったら参加したいです。


▼1週間に1〜2回程度歯みがきをしている
・病院では平気だと言われたが、口臭が気になる。
・奥歯を磨くのが難しい(嫌がる)。
・1日に何回すればいいのかわからない(食後?寝る前だけ?)。
・どのくらいの頻度でやるべきか、いまいちわからない。
・どこを重点的にポイントをおいてみがいたらいいのか。
・チワワのようなお口が小さいワンコの奥歯がどうしても磨きにくくて、みがき残しが出来ちゃいます。奥歯の上手な磨き方を知りたいです。
・小さい頃からやっているので全く嫌がりはしませんが、(どちらかというと好き)毎日行ったほうがいいのは充分わかっていても、最低でも3日に1度でもいいと言われると、つい後回しになってしまうことも・・・。
・過去にデンタルケアを怠って口臭から虫歯に気付き抜歯してもらった事が有り、それ以来気を配っている。
・先代の子には歯磨きの習慣を身に付けさせなかったので、高齢になって歯が気になってから行おうとしても、嫌がってさせませんでした。その反省から、今の子は赤ちゃんの時から歯磨き開始。おかげで喜びはしないけれど大人しくさせてくれます。やはり早い時期からの習慣が大切だと実感しました。


▼1ヶ月に1〜2回程度歯みがきをしている
・歯垢や歯石がたまらないようにと思っていますが歯磨きの習慣がつきません。
・定期的に歯磨きしても長くやると嫌がり始めるので決まった場所しか磨けないのが不満。人間の子供用歯磨き粉など使用してもだいじょうぶでしょうか?
・どのくらいの頻度でやればいいのか、分からない。磨いても磨いても汚れている気がするので、磨き方が正しいのか自信がない。
・奥歯がうまく磨けない。たまに歯茎を傷つけてしまい、血がにじむことがあるが、大丈夫でしょうか?


▼習慣化はしていないが時々歯みがきをしている
・歯石がたまりすぎて どうやっても落ちない。
・7歳になります。老犬用のデンタルグッズあるといいですね。
・あまり気にした事はありませんが、一応歯の状態は時々確認しています。
・遊びながら確実にデンタルケアできる商品があれば使いたいです。
・歯も歯ぐきも問題がないと獣医さんに言われましたが口臭が強いので気になっています。
・他の飼い主さんがどれくらいの頻度で歯磨きしているのか、その方法など知りたいです。
・昔はデンタルケアなんて言わなかったのになあ〜と思いつつ、この歯磨き自体の必要性はいまだに理解できませんがとりあえず歯磨きのできる子は磨く!できない子はガムと歯磨きガーゼでやる!と使い分けてます。
・やらなければいけない意識はあるのですが、なかなか習慣化できず、反省しております。

▼自宅で歯みがきはしない
・デンタルケアはしたことがありませんが、汚くはないので気にしたことがありません。
・いまいち自分では判断しにくいと箇所があります。動物病院で診てもらうと次々に治療が必要になり過剰にしてしまいそうで困ります。
・犬を飼い始めて2年、人間の食べ物は一切あげていなく虫歯などはないと安心していましたが、このアンケート後愛犬の歯を見たところ所々色が茶色く変色していたのでびっくりしました。今後病院でケアしてもらう検討をしたいと思いました。
・歯磨きではなくフードやグッズで対処している。
・歯磨きしたほうが良いとは思うが、実際はデンタルおやつだけに頼っている。
・歯みがきはさせてくれないし、デンタルケアのおやつは食べないのでどうしようもない・・・。
・小さい時は歯磨きしてたのに大きくなったら嫌り出した。
・気をつけていたのですが、歯周病になり歯を抜くことになりました。でも、今からでは歯ブラシを使ってのケアーは嫌がるので困っています。
・今は若いからいいけれど、このまま歯磨きをさせてくれないと将来的に歯周病になるんではないかと不安。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 総評 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
2009年4月に1回目の調査を行って以来、
約2年ぶりとなる再調査でしたが、「愛犬のデンタルケア」の重要性が
ドッグオーナーの間に浸透してきていることがわかった、今回の調査でした。

ここ数年、デンタルケアおやつや専用フード、
歯ブラシなどの関連商品が数多く発売されると同時に、
関連企業が愛犬の歯みがき講習などのイベントを通じ、
「歯の健康維持」に関する啓蒙活動を展開してきました。

その影響もあってか、「歯みがきの頻度」や
「デンタルケアおやつを与える頻度」などの項目を見ても、
少なくとも1週間に数回は何かしらのケアを行うオーナーが増加傾向にあることから、
ブラッシングや爪きりなどと並び、歯のケアが日常のお手入れのひとつとして
認識されてきていることがわかります。

一方、「歯みがきされることを嫌がりますか」の項目では、
程度の差はあれ7割を超えるオーナーが「嫌がる」と回答しており、
そのうち3割が「手がつけられないほど嫌がる」としています。

また、自由回答でも
「なんとか歯みがきはさせてくれるけど、すごく嫌がるので大変」や
「奥歯がみがきにくく、みがき残しが心配」など、歯みがきに苦戦している
オーナーが多いことをうかがわせ、愛犬の歯の健康のためにと
がんばってはいるものの、多くのオーナーと愛犬にとって、
歯みがきは“気の重い”行為であるという状況に変わりはないようです。

「愛犬のデンタルケアに活用しているもの」の項目でも
「デンタルケアおやつ」に人気が集まっていましたが、
今後はそのような歯みがきに代わる、日常的に行いやすく負担の少ない
お手入れ方法へのニーズが、ますます高まっていくものと思われます。




フリーソフトで作るブログ