2008年3月
           
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメント(*コメントの受付は記事掲載より1週間単位で締め切らせていただきます)が反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




2008/3/06

耳疾患、犬の発症率は猫の2倍以上
20080306

3月3日の「耳の日」にちなんで、どうぶつ健保の「アニコム」が給付金請求データをもとに耳鼻咽喉科疾患についての調査を行った。

耳鼻咽喉科疾患の発症率をペット種別に比較すると、猫、ウサギ、フェレットの発症率は6%前後であるのに対し、犬の発症率は15.2%と、他のペットの2倍以上という結果に。

「アニコム」の2007年の調査結果から、耳が垂れている犬種や、長毛種、耳の中に毛が生えている犬種は、外耳炎の発症率が特に高くなる傾向があることもわかっており、日頃からこまめにお手入れをしてあげること、定期健診を受けることなどが予防につながると呼びかけている。【アニコムデータラボ調べ】

フリーソフトで作るブログ