2009年5月
         
1
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30

コラムニスト
石原 壮一郎
(いしはら そういちろう)

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、日本の大人シーンを牽引し続けている。雑誌・新聞・ウェブ・携帯サイトなどに多数の連載を持つ。ニッポン放送で毎週日曜日昼12時から放送の『鴻上尚史と里田まいのサンデー・オトナラボ』では、「オトナ力」を研究する教授としてレギュラー出演中。おもな著書は『大人力検定DX』(文藝春秋)、『大人のホメ力』(世界文化社)、『30女という病』(講談社)、『大人の合コン力検定』(ソフトバンククリエイティブ)、『ちょい大人力検定』(河出書房新社)など。ニンテンドーDS版『大人力検定』&『大人の女力検定』も大好評。最新刊は『L25女子力検定』(おシゴトのさじかげん編&恋愛のさじかげん編、メディアファクトリー)。幼少時には、イヌ、ネコ、うさぎ、ニワトリ、金魚、ヤドカリ、鈴虫を飼った経験もある。

公式ホームページ「大人マガジン」
http://www.otonaryoku.jp/
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメントが反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2009年 5月

ペットをとことん観察できるスコープ!
2009/5/31
こんにちは。
暑かったり肌寒かったりですが、お変わりありませんか。

かれこれ5〜6年前でしょうか、東急ハンズかどこかで、
耳掻きの先にカメラが付いていて、それをモニターに映し出す仕組みで、
自分の耳の中が観察できる機械を見たことがありました。
何を隠そう、昔から耳掃除が大好きで、「ほ、欲しい!」と思ったんですけど、
3万円だか4万円だか、かなりのお値段だったので、そのときは我慢しました。

先日、耳掃除をしている時に、ふとその機械のことを思い出し、
「もしかして、今だったら、パソコンにつなぐタイプの安いヤツがあるかも……」
と思って、あれこれ検索してみたところ、なんと、そのとおりの商品を発見!

その名も「USBなんでもマイクロスコープLITE」
発売元はサンコーレアモノショップ → 商品紹介のページはコチラ

どういうものかというと、↓こういうものです(HPから写真をお借りしました)。

photo03

付属のアタッチメントを付け替えることによって、
「実は気になる耳の中、歯の磨き残しや、化粧を変えたら肌が荒れたみたい……など、
肉眼では分からない部分も、パソコンの画面に拡大して表示ができる」し、
しかも、映し出した画像を撮影して、保存することもできるという素晴らしい商品です。

こんなふうにして使います(この写真もHPからお借りしました)。

photo01
photo02

お値段は、9980円(税込み)。けっして安いお値段ではありませんが、
これがあれば「耳の中を見る」という積年の念願がかなうわけだし、
ま、定額給付金も出ることだしと、思い切って購入しました!

届いてさっそく、耳の穴を観察。
たいへん感動的で胸躍る体験でしたが、ここは「ペット学入門」のブログなので、
それについて詳しく話すのは控えさせていただきます。
写真も撮りましたけど、それをアップするのは、もっと控えさせていただきます。

で、えーっと、買ったことが嬉しくてこの話を始めたはいいものの、
さて、どうやってペットに結びつければいいのか……。

あっ、そうだ! 前回取り上げた「肉球グッズ」をこのスコープで見てみましょう。

まずは、小さいタイプの肉球を接写!
nikukyu10

続いて、ポーチのタイプの肉球を接写!
nikukyu11

こうして見比べてみると、毛の感じがかなり違います。

今度は、筒状のアタッチメントを付けて、ポーチの収納部分の奥を探索してみましょう。
おっ、何か赤いものが……と思ったら、タグでした!
nikukyu13

というわけで、ここでは「肉球グッズ」をとことん観察しましたが、
お宅のワンちゃんやネコちゃんの観察にも、もちろん活用できるはず。

・毛のあいだをかき分けて映し出して、お肌の健康状態をチェックする

・耳の中や鼻の中をアップで映し出して、汚れていないかチェックする

・舌をアップで映し出して、ブツブツ具合を目の当たりにして感動する


などなど、ペットの健康管理やより深い理解に、大いに役に立ちそうです。
ま、おとなしく見せてくれればの話ですけど……。
くれぐれも無理強いはやめましょう。
よかったら、上のサンコーレアモノショップのHPからご購入を!


(おまけ情報)

この写真集、とってもナイスです!

omega

『動物ω(オメガ)図鑑 カワイイのはクチでした』(松原卓二著、マガジンハウス)
版元のHPは →コチラ

その名のとおり、たぶん日本初の動物のクチの写真集です。
筆者は、独特の魅力にあふれた動物の口元を「ω(オメガ)」と命名。
77の動物の、それぞれに愛らしいクチの写真がおさめられています。

帯のキャッチコピーは「肉球もいいけど、ωがたまらん。」
このあいだ肉球をフィーチャーさせてもらった当ブログとしては、
肉球の良きライバルとなりそうなωに、心よりのエールを送らせていただきます。
心持ち、口をωにしつつ。
otona01

気がつけば肉球まみれ!
2009/5/25
プニプニプニプニプニプニプニ……。

ああ、いつまでも押し続けていたくなる感触です。
肉球は、どうしてこれほどまでに、私たちの心を引き付けるのでしょうか。

ある日の夜遅く、飲み会があって家に帰る途中のゲームセンターで、
クレーンゲームの中に、いかにも魅惑的な大量の肉球を発見。
さっそく挑戦してみたところ、なんと同時に2個も取れてしまいました!
それが、↓これです!
nikukyuno1

あっ、写真を撮ってから気づきましたが、これだと大きさがわかりませんね。
だいたい10cm四方ぐらいで、自分の人差し指を中に突っ込んで、
5つのピンクの肉球を親指でプニプニするのにちょうどいい大きさです。

そして、また別の日に別のゲーセンに立ち寄ったら、クレーンゲームに、
違うバージョンの肉球シリーズがあるのを発見!

「これは取らねばなるまい!」

と勝手に使命感に燃えて、悪戦苦闘を繰り広げ、両方ともゲットしました!
すべてを一同に集めたのが、この写真です!
nikukyuno2

細長いのは、最初に取った肉球と同じ会社の製品で、携帯ストラップ用。
大きいヤツは、別の会社の製品で、ポーチになっています。
これは実用性は抜群ですが、プニプニするにはちょっと肉球が大きいかも。

これだけ取るのに全部でいくらつぎ込んだかは秘密です。
ああ、最初のふたつが、たまたますんなり取れたばっかりに……


小さい肉球と長い肉球の販売元のHPは、こちら→ 株式会社ブルーム
商品名は「ニクキューティー」。「触感系」のコーナーに載っていました。

ポーチの肉球の販売元のHPは、こちら→ 株式会社スクラッチ
商品名は「肉球クラブ マルチポーチ」。マクラやクッションもあるんですね。ちょっと欲しい……。

さてさて、せっかくのたくさんの肉球たちですが、プニプニして遊んだりする以外に、
なにか有効な活用法はないものでしょうか。

【プランその1】 
デート中に、こっそり小さいヤツを指につけて女性の手を握る

     →「意外性のある男」を演出し、しかも、肉球の感触に彼女はメロメロ
【プランその2】
コンビニでかわいい女性がレジにいたら、長いヤツの上に小銭を乗せてわたす

     →小銭を受け取る瞬間にプニッとした感触を味わって彼女はメロメロ
【プランその3】 
抗議文とかをわたすときに、ポーチ型の肉球に折りたたんで入れて相手に送る

     →開けた瞬間に心が和んで、こちらの言い分を素直に聞いてくれるはず

うーん、まあ、もしよかったら、みなさんもお試しください。

3つのプランは、いつかやってみたい野望ということで胸にしまっておくとして、
飲み会などに行くときに、さも、今取ったばかりのようなフリをしつつ持ち歩いて、
女性に「えー、かわいいー、欲しいー!」と言われたら、

「いいよ、あげるよ。俺は、またいつでもゲットできるからさ」

と渋くキメつつプレゼントしたりするのが、きっと、いちばん有効な活用法ですね。
とりあえず、このセリフを渋い口調で言えるように、練習を重ねたいと思います。

ではでは、今回はこのへんで。
おたくのワンちゃんやネコちゃんの肉球にも、よろしくお伝えください。プニプニプニ。


(おまけ情報)
また別の日に、深夜のドンキホーテで、↓こんなのも見つけました。
nikukyuno3

その名も〈サ「わん!」ド肉球〉。肉球のところを押すと「バウ」と声を出します。
何十回かに1回の割合で「シークレットボイス」も登場。
発売は、私たちの世代には野球盤でおなじみの株式会社エポック社でした。
猫版の「にゃウンド肉球」もあるみたいです。紹介のページは→コチラ
otona04

休日は“愛犬専用のお弁当”を持って出かけよう!
2009/5/04
ああ、楽しみだったゴールデンウィークも、残りわずかになってきました。
でもまあ、ゴールデンウィークのあとも、行楽シーズンは続きます。
残りの数日も満喫しつつ、気を落とさずに新たに闘志を燃やしましょう。

行楽と言えば、お弁当です。
どこかに出かけて食べるお弁当の味は、また格別。
かわいいペットにも、お弁当を食べる幸せを感じさせてあげたいものです。

先月の下旬に、前回ご紹介した「ネコのカオしたトイカメラ」を持って、
ちょっと遠出してみたのですが、そのときに立ち寄ったサービスエリアで、
こんなポスターを見つけました。

bento3


貼ってあったのは、関越自動車道の高坂サービスエリア(埼玉県東松山市)。
どこに売っているのかと探してみたら、あ、ありました!

uriba2

ペットのためのコーナーが大々的にあって、いろんな商品が並んでいます。
さすが、ドッグランもある犬にやさしいサービスエリアです。

愛犬専用の「どら弁当・ポチ」は、630円。
uriba3

今、犬は飼っていないのですが、中に何が入っているか知りたくて買ってみました。
開けてみたところ、こんな豪華なメニューが!
スープに食パンにふりかけ……。うーん、自分が食べたくなります。

bento2


いっしょに売っていた「クッキー」と「せんべい」も、思わず衝動買い。
こ、これも、ビールのおつまみとかにピッタリかも……。でも、食べるのは我慢します。

senbei

みなさんちのワンちゃんの口に合うかどうかはわかりませんが、
高坂サービスエリアにお立ち寄りの際には、売場をのぞいてみてください。
もちろん、ネコのおやつもたくさん取りそろっていました。
(何を隠そう、前回の最後に載せた「こいのぼり」の写真も、ここで撮ったものです)

もしかしたら、ここ以外でも売られているのかもしれませんが、ま、それはそれってことで。
……と、ふと思って調べてみたら、やっぱりあちこちで売っているようです。

製造元のサイト⇒株式会社ポチみや

ご興味おありの方は、こちらでお近くの取扱店をお調べください。


さて、こちらはWiiに興じる(?)友人宅のH君。前々回に続いて2度目の登場です。

wii

「ボクも食べたいワン!」と言っている気も。そうだ、モデル料として一式差し上げます。
いや、好みも聞かずにペットに食べ物をあげるのはマナー違反ですけど、
もしお口に合えば食べてください。合わないようなら、飼い主のみなさんでどうぞ。
otona01

「ネコのカオしたトイカメラ」を買ってみました!
2009/5/02
しばらく間があいてしまってすいません!

そうこうしているうちに、世間は今日から大型連休に突入です。
みなさま、どこかにお出かけでしょうか。あるいは、家や近所でまったりでしょうか。

出かけるにせよ出かけないにせよ、連休にオススメなのが、このカメラ!
〈にゃーにゃーHOLGA〉です。別名「ネコのカオしたトイカメラ」。
東急ハンズで見かけて、反射的に買ってしまいました。お値段は4095円(税込)。

少し前から、静かなブームを呼んでいるトイカメラ。
昔ながらのフィルムを使い、ピントも露出も固定というシンプルな構造で、
意表を突いた味のある写真や、どこか懐かしい雰囲気の写真が撮れます。

そんなトイカメラの魅力とネコの魅力が見事に融合しました!
前置きはこのくらいにして、さっさと実物をお見せいたしましょう。
まず、カメラなのに缶に入っているところがイカしてます。

can1

缶の大きさは、高さ15センチ、直径10センチぐらい。
フタをメキメキッと開けると……

can2

中にはこんなカワイイデザインのカメラが入っています。

camera

昨今のコンパクトデジカメの2倍はあろうかという存在感たっぷりの大きさ。
手のひらにスッポリなんて収まらずちょっとはみ出しますが、そこもまたキュート。

ネコの目がレンズになっていたり、右側のボタンを押すと、
「キュワワワワ〜ン」とか「ボヨヨヨヨ〜ン」といった謎の音が出たりと、
楽しみながら作っている気配が全体からにじみ出ています。

can3


さっそく、机の引き出しの奥の奥にあったフィルムを使って、撮ってみました。
フィルムの箱に書いてあった「有効使用期限」が、
10年以上前の1997年だったのが気になりますが、まあ、大丈夫でしょう。

本当だったらネコを撮りたいところですけど、諸般の事情で今回はできませんでした。
また今度、あらためて挑戦したいと思います。

いろんなところに行って撮ってみたのが、このへんの写真。

mati
なんか、昔の特撮ヒーローもののセットみたいです。

mizu
これも、いきなり怪獣が飛び出してきそうな雰囲気。

hana
ちょっとアートな路線を狙ってみました。

スキャンしたことで、紙焼き以上にトイカメラっぽくなった気がします。
全体的にボーッとした感じなのは、このカメラの特徴なのか、フィルムが古かったせいなのか……。

カメラ屋さんで同時プリントをお願いしましたが(これも久しぶりの体験!)、それを受け取るときに、

「もしかして、フィルムが古かったんでしょうか……。ちょっと色が……」

と申し訳なさそうに言われてしまいました。思わず、

「いや、トイカメラで撮ったので」

そう答えてしまったのですが、それはカメラ屋さんへの慰めだったのか、
あるいは、古いフィルムを後生大事に使った恥ずかしさをごまかすためだったのか、
そのへんはよくわかりません……。


ちなみに、このカメラの発売元は、こちら⇒株式会社パワーショベル


ぜんぜん関係ありませんけど、こどもの日も近いってことで、こんな写真も。
トイカメラにフィルムが入ってなかったので、普通のデジカメで撮りました。

koinobori

ではでは、みなさま、楽しいゴールデンウィークを!
otona02



ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ