2009年2月
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28

コラムニスト
石原 壮一郎
(いしはら そういちろう)

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、日本の大人シーンを牽引し続けている。雑誌・新聞・ウェブ・携帯サイトなどに多数の連載を持つ。ニッポン放送で毎週日曜日昼12時から放送の『鴻上尚史と里田まいのサンデー・オトナラボ』では、「オトナ力」を研究する教授としてレギュラー出演中。おもな著書は『大人力検定DX』(文藝春秋)、『大人のホメ力』(世界文化社)、『30女という病』(講談社)、『大人の合コン力検定』(ソフトバンククリエイティブ)、『ちょい大人力検定』(河出書房新社)など。ニンテンドーDS版『大人力検定』&『大人の女力検定』も大好評。最新刊は『L25女子力検定』(おシゴトのさじかげん編&恋愛のさじかげん編、メディアファクトリー)。幼少時には、イヌ、ネコ、うさぎ、ニワトリ、金魚、ヤドカリ、鈴虫を飼った経験もある。

公式ホームページ「大人マガジン」
http://www.otonaryoku.jp/
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメントが反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2009年 2月

「猫の日」(2月22日)にちなんで招き猫をフィーチャー!
2009/2/20
愛猫家のみなさんはご承知かと存じますが、来たる2月22日は「猫の日」です。
1987(昭和62)年に「猫の日制定委員会」によって制定されました。
この日になったのは、鳴き声の「ニャン、ニャン、ニャン」の語呂合わせで、
全国の愛猫家からの公募で決まったとか。
ちなみに「犬の日」は11月1日。理由は、すでにお気づきの通りです……。


そんなわけで、猫の日にちなんで、今回は「招き猫」をフィーチャーしてみましょう。
毎日、景気の悪い話ばかりが聞こえてきますが、うつむいていても始まりません。
招き猫パワーにあやかりつつ、真っ直ぐ前を向いて、胸を張って、目を見開いて、
手をあげて、横断歩道を渡ったり、明日を切り開いていったりしていきたいものです。

DSCN0837
 (「やあ、ぼく、招き猫だよ」)

さっそく、東急ハンズで、上のような定番のタイプを買ってきました。
並んでいた中ではいちばん小さいやつ(4号、高さ13センチぐらい)ですが、
十分に貫禄とありがたみがあります。しかも、貯金箱としても使えます。
「招き猫の由来」は、箱に入っていたこの説明書きをご参照ください。

yurai
    (読みづらい場合は、クリックすると大きくなります)



右手タイプと左手タイプの両方がありましたが、
何となく「客を招く」という左手タイプを選んでみました。
もしかしたら、モテモテ方面にも効能があるかもしれません。


招き猫について、より詳しく知りたい方は、↓こちらのサイトをどうぞ!
manekinekoclub

歴史から現状から、さまざまなエピソードから、
はたまた、日本全国招き猫MAPや、珍しい招き猫を買う方法などなど、
招き猫のすべてを知ることができます。


DSCN0842
(お正月明けに近所のスーパーの特売コーナーで
 買った鏡餅にも、よく見たら招き猫が……)


さて、大人のペット愛好家としては、置き物にして願いをかけるだけでなく、
招き猫という存在や文化をさらに深く活用したいところ。

たとえば、猫を飼っている知り合いの家を訪問したときには、
その猫の動作を招き猫と結び付けて、縁起のいい方向に話を持っていきましょう。
右手で顔を洗ったら、このセリフで。

「おっ、右手を上げたから、近いうちにお金が入ってくるよ」

左手で顔を洗ったときは、こっちのセリフ。

「おっ、左手を上げたから、近いうちにいい縁がやってくるよ」

そんなふうに言えば、相手は悪い気はしません。



招き猫の手は、高い位置にあるほど、遠くからお金や人を招くと言われています。
時々、不自然なほど手が長い招き猫があるのは、このため。
知り合いの家の猫が、手を大きく伸ばしていたら、この話をしつつ、

「おお、ここまで伸ばすなんてすごいなあ。これは、かなり期待できるかもよ」

と言ってあげましょう。


DSCN0845
(ねずみと戯れる招き猫)



また、招き猫は色によっても、ご利益に違いがあるとされています。
もちろん、本物の猫とは関係ありませんが、知り合いの飼い猫に対して、

「白い招き猫は福を招くと言われていますから、この猫もきっと……」

「黒い招き猫は厄除けに効果があると言われていますから、この猫もきっと……」

と言ってあげると、きっと喜ばれるでしょう。
ちなみに、金色の招き猫は金運、ピンクの招き猫は恋を招くそうです。
もし、金色の猫やピンクの猫を見かけたら、その線で持ち上げましょう。

DSCN0849
(またたび入りの「ねこ茶」を欲しがる招き猫)


話は変わりますが、今回あれこれ調べていて始めて知ったんですが、
招き猫の元祖と言われている世田谷の豪徳寺と、
ゆるキャラの一番人気として有名な彦根市の「ひこにゃん」は、
深い深いつながりがあるようです。


昔、豪徳寺で彦根藩のお殿様が、にわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていたら、
手招きをする猫がいて、そっちに近づいていった直後に木に雷が落ち、
危うく命拾いしたとか。お殿様は命の恩猫に感謝し、豪徳寺を菩提寺にしたとか。
(ちょっと違う別の逸話も残っています)


そんな縁にちなんで、ツーショットを撮ってみました。

DSCN0855
 (「どう、今夜あたり一杯?」「いいねえ、キャバクラとか行っちゃう?」)

招き犬?
ただし、豪徳寺の招き猫は右手を上げているのが特徴なので、そこは間違いです。

ま、ゆるい気持ちで見逃していただければ幸いです。


ではでは、今回はこのへんで。

2月22日は、家族そろって招き猫のポーズをしながら、大きな声で「ニャン、ニャン、ニャン」と鳴いて、たくさんの福を招きましょう!


ペットと自分の切手を作ろう!
2009/2/05
立春を過ぎて暦の上ではもう春ですが、冬の寒さはますます本番を迎えています。

ま、「暦」といってもそれは旧暦の話なので、実感とズレているのは仕方ありません。
そんなことは百も承知で、今日も天気予報などでは、
どことなく趣のある雰囲気やもっともらしい響きをかもし出すために、
「暦の上ではもう春ですが」というフレーズが便利に使われています。

といった感じの先人の知恵に感謝しつつ、今回も張り切ってまいりましょう!


ttl_wpn

2月3日付けの→ 「ワールドペットニュース」でも紹介されていましたが、
日本郵便が9月に発行する記念切手用の犬猫写真を公募しています。
応募期間は3月5日まで。応募はインターネットのみ。
各部門から1点以上、最大5点、合計で最大10点が入賞となり、
採用されると「動物愛護週間制定60周年記念」切手に使われます。

我が家のペットが記念切手になって、全国の人たちに使ってもらえる――。
ああ、なんて素晴らしいのでしょうか! みなさんも、ふるって応募しましょう!


ただ、きっと全国から応募が殺到しますから、採用されるのは容易ではありません。
もっと手っ取り早く、しかも確実に、我が家のペットを切手にする方法があります。

その方法とは、日本郵便が行なっている→ 「オリジナル切手作成サービス」
これを利用して、かわいいペットの切手を作ってしまいましょう。

もちろん、実際にハガキや封筒に貼って使えます。
お値段は、80円切手が1シート(10枚)1200円で、50円切手が1シート900円。
別途送料がちょっとかかります。


これは楽しそうということで、さっそく作ってみました!

実は、このあいだペット総研の総本部の片隅で大撮影会を敢行し、
スタッフの愛犬や愛猫と、こんな写真をたくさん撮ってもらいました。

nekoinu2inu


ちょうどいいやと、このへんを切手にしようと思ったのですが、
手元にあった写真のサイズが小さくて日本郵便のサーバーに受け付けてもらえず……。

これらは、また後日、大きなサイズの写真をもらって切手にすることにして、
とりあえず、以前ネコカフェに行ったときに撮った写真でチャレンジ。


neko7

↑これが、申し込みフォームの指示通りにアップロードとかしていくと、
↓こんなページに進んでいって、あっという間に申し込みができます。
kitte

フレームの色や模様は、いくつかの中から選べます。
支払い方法は、クレジットカードや振替払込など。
3週間ぐらいで到着するそうなので、まずはペット総研に手紙を出すことにします。


し、しかし、申し込んでからふと思ったのですが、
ペット総研宛ての手紙以外にこの切手を貼るのは、ちょっと勇気がいるかも……。
いや、自分の顔を入れたから、いろいろ考えてしまいますけど、
ペットだけの写真だったら、そんなにも悩む必要はありませんね。

工夫次第で、使い方や楽しみ方はどんどん広がりそうです。
べつに日本郵便のまわしものではありませんが、みなさんもぜひどうぞ!

otona01

(おまけ情報)

→ Dog Stamps From Around the World 犬の切手
世界各国の犬の切手を集めたブログです。

→ 世界の猫切手
こちらは、世界各国の猫の切手を集めたページ。
猫のすべてがわかる「Cat-City Museum」というサイト内にあります。

→ YOKONEKO ROOM
ここも、世界各国の猫の切手を集めたブログ。

それぞれにお国柄が伺えるカワイイ図柄を楽しみつつ、
オリジナル切手を作るときの構図や写真選びの参考に……なるかな?


(追記:2月20日)

オリジナル切手、完成しました!
こんな感じになりました。
nekokitte



ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ