2008年1月
   
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

コラムニスト
石原 壮一郎
(いしはら そういちろう)

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、日本の大人シーンを牽引し続けている。雑誌・新聞・ウェブ・携帯サイトなどに多数の連載を持つ。ニッポン放送で毎週日曜日昼12時から放送の『鴻上尚史と里田まいのサンデー・オトナラボ』では、「オトナ力」を研究する教授としてレギュラー出演中。おもな著書は『大人力検定DX』(文藝春秋)、『大人のホメ力』(世界文化社)、『30女という病』(講談社)、『大人の合コン力検定』(ソフトバンククリエイティブ)、『ちょい大人力検定』(河出書房新社)など。ニンテンドーDS版『大人力検定』&『大人の女力検定』も大好評。最新刊は『L25女子力検定』(おシゴトのさじかげん編&恋愛のさじかげん編、メディアファクトリー)。幼少時には、イヌ、ネコ、うさぎ、ニワトリ、金魚、ヤドカリ、鈴虫を飼った経験もある。

公式ホームページ「大人マガジン」
http://www.otonaryoku.jp/
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメントが反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS


2008年 1月

「犬の名前ランキング2007」に学ぶ!
2008/1/16
みなさん、こんにちは。
毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
感覚的にも心理的にも、ペットのあたたかさを、
よりいっそう実感してらっしゃることと存じます。

ちょっと前に、このサイトでも取り上げられていましたが、
どうぶつ健保の「アニコム」が、11月1日の「犬の日」にちなんで、
毎年「犬の名前ランキング」を発表しています。
(→ ペット総研アンケート調査結果「犬の名前ランキング2007」

namae

全体での1位は3年連続で「チョコ」。
2位は、去年まで2年連続で3位だった「マロン」。
惜しくも3位になってしまったのが「モモ」。
ちなみに、女の子のランキングでは「モモ」がトップ。
「チョコ」と「マロン」は、男の子にも女の子にも人気があります。

知り合いにせよそうじゃないにせよ、ペットを連れている人と話すときは、
「かわいいですね〜! お名前は?」
と尋ねるのがお約束。
親しみを表現したり、善良な人と思われたりする近道でもあります。
犬の場合、このデータから計算すると、いわば名前の御三家と言える
「チョコ」「マロン」「モモ」のいずれかである確率は、およそ6%。
まあ、けっこう高いと言っていいでしょう。

20080116「チョコちゃんです」「マロンと言います」「モモでちゅよ〜」
名前を聞いたら、飼い主がそんなふうに答えた場合、こちらはどうするべきなのか。
大人としての「望ましいリアクション」を考えてみましょう。

言ってしまいそうだけどやめたほうがいいのは、
「多い名前ですよね」とか「メジャーな名前ですよね」という反応。
飼い主にとって、多い名前ということを強調されるのは、とくに嬉しくはないはず。
「ありふれた名前ですよね」と言われているように聞こえるでしょう。

「チョコ」も「マロン」も「モモ」も、いずれも食べ物を連想させます。
ただ、だからといって「おいしそうな名前ですね」と言ってしまうのも危険。
いきなりムッとされても仕方ない反応です。

もちろん、メジャーな名前だろうがマイナーな名前だろうが、
「カワイイ名前ですね」とか「いい名前ですね」と言っておくのが無難ですが、
それだとせっかく御三家に当たった幸運(?)を生かしたことになりません。
「名前の由来は何ですか?」と聞いてみるのも、きっと喜ばれるでしょうけど、
このセリフは、むしろマイナーな名前が飛び出してきたときのほうが効果的。

御三家の名前に当たったときは、深く納得したような口調で、

「うわー、チョコちゃんっていう名前がピッタリよねー」
「なるほど、いかにもマロンちゃんって感じですよねー」
「あー、わかるわかる。モモちゃんって顔してるもんね」


そんなふうに言ってみましょう。

どんなにメジャーな名前だろうと、飼い主は、
「世界で○○ちゃんといえば、この犬」と強く思っています。
犬と名前の相性の良さを強調することで、
「○○っていう犬はいっぱいいるけど、ウチの○○はひと味違う」
そんなふうに思いながら、深く満足してもらえるに違いありません。

いっぽう、愛犬に御三家の名前を付けている飼い主の方は、
名前を聞かれて答えたあとに、テレ隠しもあって、ついつい、
「いやあ、よくある名前ですよ」と言ってしまいがち。
相手は、まさか「そうですね」と答えるわけにはいきません。

名前を尋ねてくれた優しい気持ちに応えるためには、
「チョコって言うんですよ。ほら、チョコ、チョコちゃん」
などと犬に呼びかけて間を持たせながら、相手の反応を待ちましょう。
それが大人の飼い主(とくに御三家の名前の飼い主)としての思慮深さです。

そして「ピッタリの名前ですね」などと言ってもらったら、
思いっ切り満足そうな表情を浮かべるのが、何よりの恩返しに他なりません。
そんなふうに大人力と大人力をぶつけ合うことで、
ペットをきっかけにした交流が広がったり深まったりしていくことでしょう。

ああ、ペットって、本当にありがたいですね。
よかったら、お試しになってみてください。otona03

ネズミ年の始めに世界最大のネズミ・カピバラを捕獲!
2008/1/06
2008年も、だんだん動き出してきました。
あらためまして、今年もよろしくお願いします。

お正月の浮かれた気分で、戯れにゲームセンターのクレーンゲームをやったら、
思いがけず、こんな大物が取れました!

kapibara1
そう、ご存知の方はご存知の人気キャラクター・カピバラさんです。
http://tryworks.jp/ (公式ホームページ)


お正月っぽく、鏡餅をあしらってみました。
kapibara2


そういえば、カピバラといえば「世界最大のネズミ」として有名です。
まったく意図していませんでしたが、ネズミ年のスタートを飾るにふさわしい、
実に縁起のいい出会いではありませんか。

これも何かのご縁ということで、カピバラについて調べてみました。

草食性で、住んでいるのは、おもにアマゾン川流域の温暖な水辺。
大きいものは、体長120〜130cm、体重50〜60kgもなり、
小さめの犬や猫は軽く迫力負けしてしまう勢いです。
泳ぎが得意で、手足には水かきがあり、水中に5分以上潜ることもできるとか。

大きくて、しかも繁殖力が強いため、食肉用に開発している国もあります。
味は豚肉に近いそうですが、日本にはほとんど輸入されていません。
もしかしたら将来、メジャーな食材になる可能性も無きにしも非ず……かも。

otona04

食べることはできませんが、触ることは、日本のあちこちでできます。
いちばんの本場は、30頭以上を飼っている長崎バイオパーク。
いちおう飼育エリアはありますが、園内のあちこちをウロウロしているそうです。
体毛は、ぬいぐるみとは違って、タワシのように硬くてゴワゴワしているとか。
でも、さわられると気持ちよさそうに寝そべるそうです。

ネズミ年という追い風を受けて、今年はカピバラが一大ブームを巻き起こすかも。
ただ、もともと野生動物ですから、手間や費用や法律的なあれこれやらで、
個人でペットとして飼うのは、まず無理みたいです。

それはあきらめるとして、ネズミ年である今年の夢、というか目標は、
「カピバラを触りまくりに行く!」ということにしてみようかと思います。
近いところでは、上野動物園や埼玉の東武動物公園にもいるみたいですが、
存分に触りまくろうと思ったら、やはり長崎バイオパークがベストのようです。

目指せ、長崎! 名物のカステラも、図らずも「カ」と「ラ」が同じですね。

松の内に今年の目標が決まって、なんだかとてもスッキリした気分です。
以上、カピバラのぬいぐるみをなでながら、ノンキに書き綴ってみました。


最後に、おまけ。

動物界の大スターであるパンダが、ブレイク間近の後輩に、
人気者の心得を説いている
……という設定の写真です。
kapibara3

新年、あけましておめでとうございまチュ!
2008/1/01
nenga1


新しい年の幕開け、いかがお過ごしでしょうか。
今年も、ペットというありがたい存在のお世話になりつつ、
明るく楽しく有意義な一年にしましょう!

この「大人的ペット学入門」も、おかげさまで、好評のうちに2年目を迎えました。
(といっても、スタートして2ヶ月ちょっとですけど……)

至らないなりに、こんな私なりに、いろんな方向から、
大人的なアプローチで「ペット学」を追求していく所存です。
どうか、よろしくお願いします。
ご意見やご感想なども、どんどんお寄せいただければと思います。

2008年 元旦
                               石原壮一郎otona05



ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ