2009年8月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
29
30
31
         

コラムニスト
石原 壮一郎
(いしはら そういちろう)

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、93年に『大人養成講座』でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、日本の大人シーンを牽引し続けている。雑誌・新聞・ウェブ・携帯サイトなどに多数の連載を持つ。ニッポン放送で毎週日曜日昼12時から放送の『鴻上尚史と里田まいのサンデー・オトナラボ』では、「オトナ力」を研究する教授としてレギュラー出演中。おもな著書は『大人力検定DX』(文藝春秋)、『大人のホメ力』(世界文化社)、『30女という病』(講談社)、『大人の合コン力検定』(ソフトバンククリエイティブ)、『ちょい大人力検定』(河出書房新社)など。ニンテンドーDS版『大人力検定』&『大人の女力検定』も大好評。最新刊は『L25女子力検定』(おシゴトのさじかげん編&恋愛のさじかげん編、メディアファクトリー)。幼少時には、イヌ、ネコ、うさぎ、ニワトリ、金魚、ヤドカリ、鈴虫を飼った経験もある。

公式ホームページ「大人マガジン」
http://www.otonaryoku.jp/
当ブログ記事へのトラックバック、およびコメントが反映されるのに、1〜2日程度、時間がかかる場合があります。

また、内容が不適切な場合は掲載されない場合もありますので、予めご了承ください。



RSS




いろんな「ねこまんま」に挑戦!(その2)
2009/8/28
前回は赤福の話をしているうちに力尽きましたが、さて、続きです。

この3冊に載っているバラエティ豊かなねこまんまを作ってみようというチャレンジ。

manma4


二杯目は、その名も『もう一杯 おとなのねこまんま』から、
下の写真の左側の「伊勢の赤福気分まんま」に挑戦しました。

manma8b
(右の「手こね寿司風まんま」もおいしそうです)

しかも、たまたま本物の赤福があったので、それをのせて「本物の赤福まんま」に!
こんな感じになりました。ジャン!

manma8
(贅沢なような、そうでもないような……)


お味はというと……、赤福風のおはぎというか、
お餅とご飯が混ざり合って不思議なハーモニーを醸し出しているというか……。
いや、恐れ多くも赤福に文句をつけちゃいけません!
「今まで味わったことがない初めての味」であり、
「赤福の新たな可能性を発見した」ということは確実に言えるでしょう。

ま、そのまま食べるのとどっちがおいしいかというと……。


ひとつ目の「キャベせんコンビーフまんま」といい、
ふたつ目の「伊勢の赤福気分まんま」といい、おいしくないわけではないのですが、
やや変化球に走りすぎている気はしないではありません。


3冊目の『みんなのねこめし』からは、ド定番のねこめしをチョイスしてみましょう。
本の表紙にもなっていて、いちばん最初に載っている「みそ汁&卵ねこめし」に挑戦!

manma10b
(キャッチフレーズは「ねこめしのスタンダード!!」)


まずは、ダイコンと油揚げのみそ汁を作ります。

manma9
(ダイコンがちょっと太めなのは気にしないでください)


茶碗にご飯を入れて、みそ汁をかけて、卵を割ります。
おっとっと、卵が横に流れてしまいました。
ご飯の真ん中をくぼませて、箸でそっと移動して、はい完成です!

manma10
(もしかして、白身は入れなくてもよかったかも……)


箸で卵をつぶして、ちょっとかき回して、ワシワシワシ。
おお、ちゃんとおいしい! 
卵ご飯の濃厚なコクと、ぶっかけ飯の奥深い味わいが融合しています。

いや、食べながら一瞬「卵かみそ汁、どっちかでいいかも」とも思いましたが、
冒険を恐れていては進歩はありません。
あえて両方入れ食べることで、今までの自分の殻を打ち破るヒントが見つかるはずです。

そんなわけで3種類のニューウェーブなねこまんまを堪能。
順位は、あえてつけません(赤福に失礼だし……)。どれも、それぞれの個性を楽しめます。
よかったら、みなさんもお試しください。

「猫の気持ちを知る」という当初の目的が達せられたかどうかは、やや疑問ですけど、
白いご飯の懐の深さは十分に思い知らせていただきました。偉大なり、白メシ!

ああ、書いてたら、また別のねこまんまを作りたくなってきました。
otona04



〈おまけ情報〉

ねこまんまについてもっと知りたい! ねこまんまへの愛を深めたい! 
という方は、このふたつのサイトがオススメです。

ねこまんまにこだわり、ねこまんまを徹底的に研究したサイト
「文化人類学的 ネコまんま研究室」 ⇒コチラ
東西比較から呼称、生体実験など感動的なまでに盛りだくさんです。

『汁かけめし快食學』などの著書があるライターの遠藤哲夫さんのサイト
「ザ大衆食」 ⇒コチラ
ねこまんまを含む「大衆食」や大衆食堂の魅力をとことん追及しています。

■コメント


■コメント投稿

【*注】 ご投稿いただいたコメントは、編集部にて内容をチェックした後に掲載されます。
コメントの掲載には1−2日程度かかる場合があります。あらかじめご了承ください。

名前:

メールアドレス(任意):
    

URL(任意):

この情報を登録する

内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):



ペットオフィス

Copyright(c) PETOFFICE,Inc All Rights Reserved.

フリーソフトで作るブログ